top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

三遊亭円楽さん 見守り続けた“弟子”伊集院光への愛…30年ぶりの高座も「うまいよ」と絶賛

女性自身

三遊亭円楽さん 見守り続けた“弟子”伊集院光への愛…30年ぶりの高座も「うまいよ」と絶賛

「まだ頭の中が整理できず、まとめることができません。もう少し心の中で師匠と会話してから、いろいろ話させてください」

 

9月30日、こうコメントしたのはタレントの伊集院光(54)。

 

同日、落語家時代の師匠でもあった落語家・六代目三遊亭円楽さんが肺がんのため72歳で死去した。そこで伊集院は冒頭のように、所属事務所を通じて追悼コメントを発表した。

広告の後にも続きます

 

「伊集院さんは’84年、17歳の時に楽太郎時代の円楽さんに弟子入り。そして、三遊亭楽大として落語家デビューを果たしました。’88年、二つ目に昇進しましたが、次第にラジオのパーソナリティとして人気に火がつきました」(スポーツ紙記者)

 

タレントとしての活動が徐々に増えていったため、伊集院は’90年に落語家を自主廃業。しかし、円楽さんは伊集院を破門にはしなかった。

 

「当初、伊集院さんは落語界に内緒でラジオを始めました。伊集院光という名前も、その時につけたものです。しかし、ラジオでの活躍が一門の中でバレることに。『お前の教育が悪い』と円楽さんが叱責されることもあったそうで、伊集院さんは負い目を感じていました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル