top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

今田耕司、“頼りになるバディ”中条あやみと3年半ぶりのMCタッグに感慨

TVerプラス


今田耕司と中条あやみが9月19日、1年ぶりのレギュラー番組復活となる『アナザースカイ』(日本テレビ系、10月7日スタート、毎週金曜23:00~)のリモート囲み取材会に出席した。

昨年9月に惜しまれながら13年の歴史に幕を閉じた同番組は、「夢の数だけ空がある。」というコンセプトのもと、ゲストが世界や日本国内のゆかりのある地を訪れる様子に密着、自身のルーツや人生観・仕事観について本音を引き出していくドキュメンタリー。スタジオでは、MCがゲストと共にロケの映像を見ながら、ゲストの更なる本音や裏話を引き出していく。

レギュラー番組復活にあたり、番組開始当初から約13年間に渡って、ゲストの本音を引き出し続けてきた今田と、2016年10月~2019年3月までの約2年半にわたってMCを務めた中条が約3年半ぶりに再タッグを組んでMCを担当する。初回のゲストは俳優の本木雅弘を父に持つUTAが出演する。

今田は初回収録を終え、「ホーム感、家に帰って来た感が半端ない」と感無量の表情を見せる。「すぐにしっくりというか、あの雰囲気の中に戻れました。先々週収録した2週間後くらいの感覚がありました。それくらいスッと入れました」と久々の収録も違和感はなかったといい、「レギュラー番組が復活することは滅多にないんです。視聴者の声無しには復活しない。番組が復活するというのは冥利につきるというか、ありがたいこと。『アナザースカイ』がこういう奇跡的な形で復活したのは嬉しい」と話す。

中条とは3年半ぶりのタッグとなるが、今田は「バディ感がありました」と中条の立ち振る舞いの良さを改めて絶賛。「しっくり来ました。頼りになるバディという感じ。あやみちゃんが3年前と違ってカンペをちゃんと言えているのを見た時には涙が出そうになりました。当時はまだ19歳でしたからね」と嬉しそうにコメント。中条も「日テレさんには『ゴチ』(『ぐるぐるナインティナイン』)などで鍛えてもらっていたし、今田さんがうまく助け舟を出してくれて、改めて優しい人だなって思いました」と今田に感謝の気持ちを述べる。今田もこれに「愛情があるので。他の女性芸人に『私たちの時と違うな』って言われそうです」と嬉しそうな表情。

今田は初回ゲストのUTAの印象についても「雑誌とかニュースで拝見することが多かったんですけど、いい意味で印象がガラッと変わりました。純粋、純朴。都会のセレブの人というイメージからガラリと変わりました。めちゃくちゃいい子でした」とUTAの人柄を絶賛。中条も「ピュアでした。達観しているところもあるんですけど、ふとした時に出るキャピキャピ感もあって、安心しました。素敵な方だなと思いました」と親しみを感じたという。

今田は視聴者に対して「みんな大好きだった『アナザースカイ』を良い意味であんまり手を加えずにそのまま届けようって、そういう思いでやっていました。中条あゆみちゃんがパワーアップしていて、以前、週末の金曜11時を楽しみにしてくださっていた視聴者の皆さんにその時間をもう一度楽しんでいただけたら」と呼びかける。中条も「パワーアップしないとおかしいくらい時間が過ぎているので、成長しているところを見せたい。私自身、ゲストとして出た時に愛のある優しい番組だなって思ったし、一生の思い出というか、いいきっかけになった番組でもあります。楽しんでほしい」と話していた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル