top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

さらば青春の光・森田哲矢「25歳で合格した松竹のオーディション」/テリー伊藤対談(2)

アサ芸Biz

テリー じゃあ、高校を卒業したのは19歳の時だ。

森田 はい。

テリー で、どうしたの?

森田 卒業するのが精一杯で、就職先もない、進学もできないという状態やったんで、卒業後は地元のカラオケ屋でバイトしたりとかして、5年間ぐらいギャンブルで借金とか作ったりして、ダラダラ過ごしてましたね。「何かはやらなあかんな」と思いつつ、24までダラダラと。

広告の後にも続きます

テリー ちょっと焦りはあったんだ。

森田 そうですね。で、25になるぐらいの時に「ここからの人生、俺どうしようかな」「どうやったら金持ちになれるのやろな」と思って、いろいろ考えてたんですよ。社長にもなられへんし、資格を持ってるわけでもないしとか。で、考えた結果、お笑いがいちばん金稼げる手段として可能性があるんじゃないかと思って。それで思い切って松竹芸能の養成所のオーディションに行ったみたいな感じですね。

テリー それは1人で?

森田 1人ですね。ほんとは2人で行きたかったんです。やっぱりダウンタウンさんとか、ナイナイさんとか学生時代の友達同士で行くほうが楽しいじゃないですか。でも僕、もう25やったんで、みんな就職もしてるし、子供おるヤツもおるしとか、1人で行くしかないなっていう感じでしたね。

テリー 松竹芸能のオーディションって何やるの?

森田 いや、何をするとかは関係なくて、受かるも落ちるもないんですけど。普通にしてたら受かるんで。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル