top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Hilcrhyme/TOC、“相思相愛な関係”のファンたちにメッセージ「沢山のサプライズを考えたい」

E-TALENTBANK

Hilcrhyme/TOC、“相思相愛な関係”のファンたちにメッセージ「沢山のサプライズを考えたい」

Hilcrhymeとソロ名義のTOCが、9月28日にニューアルバム「SELFISH」と「FOOLISH」を2枚同時発売し、2組がそれぞれニューアルバムを掲げたツアーを10月8日から全国6箇所で同時開催することが決定しました。 同一人物が、別名義の2つのプロジェクトのアルバムを同時発売するのは前代未聞の快挙となります。 2009年のHilcrhymeのメジャーデビューから13年の間に、Hilcrhymeのアルバム11枚、ソロ名義TOCのアルバム5枚、合計16 枚のオリジナルアルバムをリリースしている“多作”な彼。 今回は、そんな彼が、Wツアーへの思いやこれからのビジョン、ファンへのメッセージなどについて熱く語ってくれました。

ーーHilcrhymeがホール、ソロがライブハウスのツアーも開催されますが、それぞれのライブ演出の違いなど現時点で教えていただけることがあればお聞かせください。

TOCさん(以下:TOC):Hilcrhymeは歌い上げるシーンも多々あるので、ゆっくり聴いていってほしいという意味で椅子のある会場を選びました。また単純にステージのサイズが大きいので、久しぶりに映像の演出もしたかった。

TOCはバックDJとしてAGETETSUがついてくれるので1DJ1MCならではのテンポの良いライブを見せたいなと思います。こちらの方はひたすら盛り上げるつもりです。

今回はとにかくHilcrhymeとTOCとのバランス取りが大事で、会場選びも演出も構成も対比しながら作り上げています。スタッフ含め、気合入りまくっているのでぜひ楽しみにしていて下さい。   ーー10月4日にはアーティストブック『Hilcrhyme OFFICIAL YEARBOOK 2022-2023 「R」』も発売になります。見どころを教えてください。

広告の後にも続きます

TOC:5冊目となるアーティストブック「R」は「RHYME」をメインテーマに置いて仕上げました。今までで最も作家としての自分を深く掘り下げている内容になっています。

Rhyme=押韻ということで、愛韻家として名高い LITTLEさんと対談させていただきました。リリック作りはそれぞれのやり方があると思うのですが、それを互いに話し合っていってとても新鮮なトークでした。

自分自身、気付かなかった事を指摘して頂いたり、ラッパーとしての姿勢やスタンス、思想など、深いところまで談義しています。ぜひ、読んで頂ければ幸いです。   ーー16年以上のキャリアを持ちながら、今回の同時リリース&ツアー発表以外や声優にも初挑戦など、新しいことを続けるTOCさんですが、今後の活動ビジョンなど挑戦したいことはありますか?

TOC:有り難いことに、ここ最近は声優や役者などをやらせて頂く機会があったのですが、ご縁があればまたやらせて頂きたいですね。どんな事をやるにせよ、全ての活動がアーティスト業に帰結すればいいと思っています。

今、一番興味があるのは教育です。子供や若い世代に寄り添って、共に何かを作り上げることをしてみたいです。教えることは自分でやるよりも遥かに難しい。だからこそ自分も成長できると思うんです。

それが音楽なのか、それとも全く違う何かなのかはわからないですが。僕はスタジオ運営をしているんですが、そこに通っている子たちを見ると、小さなコミュニティでも生み出されるエネルギーは凄まじいです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル