top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

甫木元空監督『はだかのゆめ』東京国際映画祭<Nippon Cinema Now 部門>に正式出品 – 本ポスタービジュアル&予告編解禁&黒沢清監督より新たにコメント到着!

cinefil

甫木元空監督『はだかのゆめ』が、第35回東京国際映画祭<Nippon Cinema Now 部門>に正式出品が決定し、このたび本ポスタービジュアルと予告編が完成いたしました。

息子を思う母、母を思う息子、そして祖父――
お互いの距離を測り直していく、親子3代の物語。

©PONY CANYON

©PONY CANYON

©PONY CANYON

『はだかのゆめ』の舞台は四国山脈に囲まれた高知県。四万十川のほとりに 暮らす一家、息子のノロ、母、祖父の親子3代にわたる時間と、その時間の境 界線を飛び越えた触れ合いの、そしてそれでも触れることのできない残酷な 距離の物語を描く。

広告の後にも続きます

©PONY CANYON

©PONY CANYON

©PONY CANYON

5年ほど前より自身のルーツのある高知県に移住した甫木元空監督。そこで祖父と、闘病中の母とともに暮らすなかで、何気ない二人の言葉を書き留めたものを恩師である青山真治監督に送るという作業を繰り返していた。当初は小説としてまとめていたその文章から、自分の中で残ったものを再抽出して、シナリオ化したものが『はだかのゆめ』の始まりだった。撮影は2021年10月におこなわれた。主人公ノロを演じるのは、いま話題作への出演が相次ぐ青木柚。そして甫木元監督が黒沢清監督の『大いなる幻影』の佇まいを意識して、本作への出演をオファーしたという唯野未歩子がノロの母役を務めている。劇中で、謎めいた酔っぱらいの”おんちゃん”を演じるのは、ミュージシャンの前野健太。また、甫木元監督の実の祖父が”じい”役として出演。脚本にも実際に祖父から聞いたという話が散りばめられており、この物語に欠かせない存在感を放っている。

©PONY CANYON

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル