top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

誤飲防止「開かない」ボタン電池に称賛 導入めぐり社内で賛否…パナソニック明かす開発秘話

J-CASTニュース

パナソニックがボタン電池に導入している「子どもを守る誤飲対策パッケージ」が、企業努力を感じさせるとしてツイッターで注目されている。大人でも素手では容易に開封できない仕様に「よく出来てる」などと称賛が集まっている。

誤飲対策パッケージについて、同社に詳しい話を聞いた。

「子どもを守るためのあえての『不便』」に称賛

話題の発端になったのは、パナソニック製アルカリボタン電池「LR44」の購入者が体験談を伝えた2022年9月24日のツイートだ。

同製品のパッケージは電池の周囲に堀をめぐらすような形状をしたプラスチックで出来ているうえ、開封を容易にするような加工が施されていない。子どもが素手で電池を取り出せない「誤飲対策パッケージ」で、開封にはハサミなどを用いる必要がある。

投稿者はハサミの持ち合わせがなく、素手で10分ほど開封を試みたが全く開けられなかったというものの、パッケージの意図をくみ取り、企業努力に感心していた。

広告の後にも続きます

投稿は2万7000件以上のリツイートや15万3000件超の「いいね」を集め、「これホント素手では開かないですよね!」などと同様の経験者からの声が多く寄せられている。

ほかに「これ硬いですよね、確かによく出来てる」「『開かない』ことにとても大きな意味がありますね」「子どもを守るためのあえての『不便』」「安全に優るものは無いですからね」「素晴らしい技術」と称賛する声が寄せられた。

誤飲対策パッケージについてパナソニック広報は27日、導入にあたっては「社内でも賛否両論がありました」とJ-CASTニュースの取材に明かす。

これまで「開けやすさ」「捨てやすさ=分別しやすさ」「省資源=ゴミの削減」を重要視してきた同社の電池パッケージ開発において、真逆を行く活動になるためだと理由を説明する。

しかし、同社によれば、近年は機器の小型化により家庭内でもコイン形リチウム一次電池を取り扱う機会が増えている状況で、乳幼児の誤飲事故も増加傾向。誤って電池を飲み込んでしまうと化学やけどや粘膜組織の貫通、最悪の場合は死に至る可能性があることから、「乳幼児の生命を守ること」を最優先とした。

コイン電池から順次導入してきた

パナソニックホールディングスが属する一般社団法人・電池工業会は、乳幼児が素手で開封できないことを目的とする誤飲対策パッケージのガイドラインを16年10月に発行している(改定を経て現在はJISに反映された)。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル