top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

離婚時、解決を怠れば「破滅」も…マイホーム〈共有名義・連帯保証〉の恐ろしさ

幻冬舎ゴールドオンライン

いまや離婚へのハードルは低くなりましたが、そう簡単に解決できないのはマイホームの「共有名義」「連帯保証」の問題です。相手と早く縁を切りたいために焦り、これらをおざなりにすると、あとから破滅に追い込まれるほどの〈最悪なトラブル〉を抱え込むことがあります。事例とともに解説します。

元妻と買った家のローンのせいで、新居が購入できない

Aさんは、6年前に離婚。それに伴い、夫婦共有名義で購入した家には前妻と子どもが残り、Aさんは転居しました。住宅ローンは家に残る前妻が支払いを続け、Aさんは養育費を支払うという条件で合意し、離婚自体は話し合いで円満に完了しました。

Aさんはその後再婚し、新しい奥様との間で子宝にも恵まれました。しかし、家族が増えるのを機に、新居を購入しようと考えたAさんに想定外の事態が起きます。

前妻と購入した家の住宅ローンが残っていたことで、新居を購入するための住宅ローンが通らなかったのです。いくつもの銀行に相談しましたが、すべての銀行で「いまの収入では前の家の住宅ローンを完済しない限り、新しいローンは組めない」と言われてしまいました。

前の家の住宅ローンを支払っているのは前妻でしたので、Aさんは自分にはもう関係ないと考えていたそうですが、住宅ローンの契約者が前妻と連名になっていたため、Aさんの債務とみなされたのです。

広告の後にも続きます

離婚するときは新しい家を買うなんて考えてもいなかったAさんは、そのとき初めてことの重大さに気づきます。

前の家の住宅ローンを完済するためには売却するしか方法がなく、前妻に事情を説明して売却させてほしいと交渉しましたが、まったく応じてもらえる様子もなく門前払いされてしました。弁護士にも相談しましたが、結局交渉はまとまらず、Aさんは新居を諦めざるを得ませんでした。

自宅売却を焦るが、共有名義人の元妻を探せず破産へ

Bさんは10年ほど前に離婚。前妻と子どもが家から出ていき、住宅ローンは全額Bさんが支払うことで合意し、Bさんが1人で家に残って生活を続けていました。

しかし、Bさんは2年前にハードワークが祟って身体を壊してしまい、それまでの仕事を続けることができなくなってしまいました。それにより収入が大幅に下がり、住宅ローンの支払いが厳しくなってしまいます。

貯金と生活費を切り詰めて返済を続けていましたが、体調はさらに悪化。これ以上の返済は難しい状況に追い込まれます。Bさんは「これ以上やっていけない」と苦渋の決断で、家を売却することにしました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル