top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

唯一肉眼で見えうる癌は「臭いでも分かる」?年収の2/3負担も…病期で格段に異なる経済的損失

幻冬舎ゴールドオンライン

舌癌、口腔底癌、中咽頭癌、鼻腔癌、外耳道(側頭骨)癌などは、「唯一肉眼で見えうる癌」と言われています。これまで20年以上に渡り人々の耳を見続け、海外でも診療をしてきた馬車道木村耳鼻咽喉科クリニック院長・木村至信医師に、実際に耳鼻咽喉科で見つかった癌の病例、また経済的側面から見た「癌」について解説いただきます。

癌の進行具合で違ってくるのは「“命”の生存率」だけではない

癌イコール死ぬ。そういう時代は終わりつつあるように感じます。以前海外の医学博士のコラムで、「人類の敵はいずれ癌ではなく、ウイルスになるだろう」という内容のものを読みましたが、確かにそうなりつつあるなと感じる今日までの3年間でした。

それでも膵臓癌や肝臓癌など、病状が進まないと症状が出にくい癌もありますし、前立腺癌のように採血でわかる癌もあります。やはり定期的な胃カメラ、大腸ファイバー、採血などは必要と感じますし、人間ドックでPETという全身の癌を調べる検査も必要なのかもしれません。

というのも、癌の種類にもよりますが、癌は見つかった段階での進行具合で、5年生存率が大きく違うのです。癌を恐れるのではなく、進行癌を恐れなければいけないのです。それは「命の生存率」という意味でもそうですが、「経済面での生存率」という点においても同様で、最初の進行具合で格段に違ってきます。

広告の後にも続きます

初期であれば抗がん剤や放射線治療で、およそ3ヵ月の療養で実生活に戻れます。進行癌であれば、入院手術、そこからの抗がん剤、放射線、体力が戻ってからの実生活復帰まで、おそらく半年は必要になります。しかも再発の可能性も高いので定期的な診察も必要です。

例えば年収が600万円だとして、大体300万円ほどの稼ぎがなくなると考えられます。そこまで補ってくれる保険はないですし、治療費はおりたとしても、お見舞い、交通費なども含め、100万円はなんだかんだ必要と考えてよいかと思います。つまり年収の2/3近くがごそっとなくなるのです。これからも働いて、食べて、生きていくことを考えれば、癌は初期で見つけなければいけないのです。

唯一肉眼で見られる「癌の顔つき」。実際の病例

私が専門とする耳鼻咽喉科の癌は全身の中で、唯一肉眼で見られる癌が多いです。見えるからこそ、耳鼻咽喉科では初期で見つけなければいけないと私は思っていて、喫煙歴のある方、不規則な食生活や飲酒、肥満などリスクファクターの多い方、癌家系の方には、年に二回は最低でも顔を出してとお願いしています。今回は実際にあった症例をお伝えしながら、2つ大事なことをお話させていただきます。

患者さんは50代の男性。健康に自信がある方でした。目頭から膿が出ると近所の眼科医を受診し、抗生剤を何度も投与され不定期に3ヵ月通院、その後目頭の下の部分が破裂し、それでもまた別の眼科で抗生剤をもらって、皮膚科にも行ったりして、激痛にも我慢していました。医療従事者の娘さんがいらしたにも関わらず、これはよくあるのですが、自分のことは相談しにくいもので、ご相談されずに放置していました。

最近とくに鼻もつまるので耳鼻咽喉科にも行ってみるか、という軽い気持ちで当院にいらっしゃいました。発症から半年以上が経っていました。

鼻腔癌ステージ4。鼻涙管を経て転移し体外に出てきた末期癌でした。できる治療はもうありませんが、その日のうちに基幹病院へ紹介状を書きました。破裂した部分を覆っているガーゼを外す前から、癌臭がしていました。

  • 1
  • 2

TOPICS

癌の進行具合で違ってくるのは「“命”の生存率」だけではない

癌イコール死ぬ。そういう時代は終わりつつあるように感じます。以前海外の医学博士のコラムで、「人類の敵はいずれ癌ではなく、ウイルスになるだろう」という内容のものを読みましたが、確かにそうなりつつあるなと感じる今日までの3年間でした。

それでも膵臓癌や肝臓癌など、病状が進まないと症状が出にくい癌もありますし、前立腺癌のように採血でわかる癌もあります。やはり定期的な胃カメラ、大腸ファイバー、採血などは必要と感じますし、人間ドックでPETという全身の癌を調べる検査も必要なのかもしれません。

というのも、癌の種類にもよりますが、癌は見つかった段階での進行具合で、5年生存率が大きく違うのです。癌を恐れるのではなく、進行癌を恐れなければいけないのです。それは「命の生存率」という意味でもそうですが、「経済面での生存率」という点においても同様で、最初の進行具合で格段に違ってきます。

初期であれば抗がん剤や放射線治療で、およそ3ヵ月の療養で実生活に戻れます。進行癌であれば、入院手術、そこからの抗がん剤、放射線、体力が戻ってからの実生活復帰まで、おそらく半年は必要になります。しかも再発の可能性も高いので定期的な診察も必要です。

例えば年収が600万円だとして、大体300万円ほどの稼ぎがなくなると考えられます。そこまで補ってくれる保険はないですし、治療費はおりたとしても、お見舞い、交通費なども含め、100万円はなんだかんだ必要と考えてよいかと思います。つまり年収の2/3近くがごそっとなくなるのです。これからも働いて、食べて、生きていくことを考えれば、癌は初期で見つけなければいけないのです。

唯一肉眼で見られる「癌の顔つき」。実際の病例

私が専門とする耳鼻咽喉科の癌は全身の中で、唯一肉眼で見られる癌が多いです。見えるからこそ、耳鼻咽喉科では初期で見つけなければいけないと私は思っていて、喫煙歴のある方、不規則な食生活や飲酒、肥満などリスクファクターの多い方、癌家系の方には、年に二回は最低でも顔を出してとお願いしています。今回は実際にあった症例をお伝えしながら、2つ大事なことをお話させていただきます。

患者さんは50代の男性。健康に自信がある方でした。目頭から膿が出ると近所の眼科医を受診し、抗生剤を何度も投与され不定期に3ヵ月通院、その後目頭の下の部分が破裂し、それでもまた別の眼科で抗生剤をもらって、皮膚科にも行ったりして、激痛にも我慢していました。医療従事者の娘さんがいらしたにも関わらず、これはよくあるのですが、自分のことは相談しにくいもので、ご相談されずに放置していました。

最近とくに鼻もつまるので耳鼻咽喉科にも行ってみるか、という軽い気持ちで当院にいらっしゃいました。発症から半年以上が経っていました。

鼻腔癌ステージ4。鼻涙管を経て転移し体外に出てきた末期癌でした。できる治療はもうありませんが、その日のうちに基幹病院へ紹介状を書きました。破裂した部分を覆っているガーゼを外す前から、癌臭がしていました。

耳鼻科の癌は舌癌、口腔底癌、中咽頭癌、鼻腔癌、外耳道(側頭骨)癌などで、外に出てくるので肉眼で見られます。「癌の顔つき」とよく私たちは言いますが、良性のポリープのようにツルツルではなく、ゴツゴツしたり、出血したりしています。そして何より癌臭というのは、かなりひどい匂いがします。癌を多く見てきた医師なら、この匂いで気づくはずなのです。

どんなにポリープが小さくても、ご自身で今までにないひどい匂いがしたら、迷わず医師を受診してください。最初は抗生剤投与かもしれないですが、それでも改善がなければ外来で組織を取り病理検査をする、ここまではしていただいた方が良いと思います。抗生剤だけをずっと投与される状況でしたら、セカンドオピニオンやちゃんと納得いくまで医者を探したりするのも、患者さんの権利なのです。

癌を1秒でも早く見つけるために。現役医師の提言

私も含め、医師は人間です。私ももしかしたら、大事な所見を見落としていることもあるかもしれません。ですから、患者さん自身で「おかしいな?」ということが続くようなら、医師を変えて、目線を広げて、あなたの体を守っていただきたいのです。

自分が、医師が、不完全なものだと自覚しての提言です。不完全なものだと自覚すれば、より自分のリスクマネジメントができます。こうして四方八方から、かけがえのないあなたを守り、あなたが今以上の社会的地位で働き、稼ぎ、食べて、遊んで、暮らしていくことを維持していく。これが私の思う医師の社会貢献、あるべき立ち位置だと思っています。

偉そうなこと言っても、8割近くは国のお金で賄われる日本の医療、私たちは税金でお仕事をさせていただいているのです。癌が治っても、生活も仕事もガタガタになってしまった……これでは残念すぎます。あなたの癌を1秒でも早く見つける努力。あなたが描いていた人生を全うできるように、癌で失う人生が減ることを祈って。私も頑張らなければいけないと、書きながら思っています。

木村 至信

馬車道木村耳鼻咽喉科クリニック 院長

" ["post_title"]=> string(131) "唯一肉眼で見えうる癌は「臭いでも分かる」?年収の2/3負担も…病期で格段に異なる経済的損失" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(198) "%e5%94%af%e4%b8%80%e8%82%89%e7%9c%bc%e3%81%a7%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%81%86%e3%82%8b%e7%99%8c%e3%81%af%e3%80%8c%e8%87%ad%e3%81%84%e3%81%a7%e3%82%82%e5%88%86%e3%81%8b%e3%82%8b%e3%80%8d%ef%bc%9f%e5%b9%b4" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2022-10-24 08:37:07" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2022-10-23 23:37:07" ["post_content_filtered"]=> string(7236) "

舌癌、口腔底癌、中咽頭癌、鼻腔癌、外耳道(側頭骨)癌などは、「唯一肉眼で見えうる癌」と言われています。これまで20年以上に渡り人々の耳を見続け、海外でも診療をしてきた馬車道木村耳鼻咽喉科クリニック院長・木村至信医師に、実際に耳鼻咽喉科で見つかった癌の病例、また経済的側面から見た「癌」について解説いただきます。

癌の進行具合で違ってくるのは「“命”の生存率」だけではない

癌イコール死ぬ。そういう時代は終わりつつあるように感じます。以前海外の医学博士のコラムで、「人類の敵はいずれ癌ではなく、ウイルスになるだろう」という内容のものを読みましたが、確かにそうなりつつあるなと感じる今日までの3年間でした。

それでも膵臓癌や肝臓癌など、病状が進まないと症状が出にくい癌もありますし、前立腺癌のように採血でわかる癌もあります。やはり定期的な胃カメラ、大腸ファイバー、採血などは必要と感じますし、人間ドックでPETという全身の癌を調べる検査も必要なのかもしれません。

というのも、癌の種類にもよりますが、癌は見つかった段階での進行具合で、5年生存率が大きく違うのです。癌を恐れるのではなく、進行癌を恐れなければいけないのです。それは「命の生存率」という意味でもそうですが、「経済面での生存率」という点においても同様で、最初の進行具合で格段に違ってきます。

初期であれば抗がん剤や放射線治療で、およそ3ヵ月の療養で実生活に戻れます。進行癌であれば、入院手術、そこからの抗がん剤、放射線、体力が戻ってからの実生活復帰まで、おそらく半年は必要になります。しかも再発の可能性も高いので定期的な診察も必要です。

例えば年収が600万円だとして、大体300万円ほどの稼ぎがなくなると考えられます。そこまで補ってくれる保険はないですし、治療費はおりたとしても、お見舞い、交通費なども含め、100万円はなんだかんだ必要と考えてよいかと思います。つまり年収の2/3近くがごそっとなくなるのです。これからも働いて、食べて、生きていくことを考えれば、癌は初期で見つけなければいけないのです。

唯一肉眼で見られる「癌の顔つき」。実際の病例

私が専門とする耳鼻咽喉科の癌は全身の中で、唯一肉眼で見られる癌が多いです。見えるからこそ、耳鼻咽喉科では初期で見つけなければいけないと私は思っていて、喫煙歴のある方、不規則な食生活や飲酒、肥満などリスクファクターの多い方、癌家系の方には、年に二回は最低でも顔を出してとお願いしています。今回は実際にあった症例をお伝えしながら、2つ大事なことをお話させていただきます。

患者さんは50代の男性。健康に自信がある方でした。目頭から膿が出ると近所の眼科医を受診し、抗生剤を何度も投与され不定期に3ヵ月通院、その後目頭の下の部分が破裂し、それでもまた別の眼科で抗生剤をもらって、皮膚科にも行ったりして、激痛にも我慢していました。医療従事者の娘さんがいらしたにも関わらず、これはよくあるのですが、自分のことは相談しにくいもので、ご相談されずに放置していました。

最近とくに鼻もつまるので耳鼻咽喉科にも行ってみるか、という軽い気持ちで当院にいらっしゃいました。発症から半年以上が経っていました。

鼻腔癌ステージ4。鼻涙管を経て転移し体外に出てきた末期癌でした。できる治療はもうありませんが、その日のうちに基幹病院へ紹介状を書きました。破裂した部分を覆っているガーゼを外す前から、癌臭がしていました。

耳鼻科の癌は舌癌、口腔底癌、中咽頭癌、鼻腔癌、外耳道(側頭骨)癌などで、外に出てくるので肉眼で見られます。「癌の顔つき」とよく私たちは言いますが、良性のポリープのようにツルツルではなく、ゴツゴツしたり、出血したりしています。そして何より癌臭というのは、かなりひどい匂いがします。癌を多く見てきた医師なら、この匂いで気づくはずなのです。

どんなにポリープが小さくても、ご自身で今までにないひどい匂いがしたら、迷わず医師を受診してください。最初は抗生剤投与かもしれないですが、それでも改善がなければ外来で組織を取り病理検査をする、ここまではしていただいた方が良いと思います。抗生剤だけをずっと投与される状況でしたら、セカンドオピニオンやちゃんと納得いくまで医者を探したりするのも、患者さんの権利なのです。

癌を1秒でも早く見つけるために。現役医師の提言

私も含め、医師は人間です。私ももしかしたら、大事な所見を見落としていることもあるかもしれません。ですから、患者さん自身で「おかしいな?」ということが続くようなら、医師を変えて、目線を広げて、あなたの体を守っていただきたいのです。

自分が、医師が、不完全なものだと自覚しての提言です。不完全なものだと自覚すれば、より自分のリスクマネジメントができます。こうして四方八方から、かけがえのないあなたを守り、あなたが今以上の社会的地位で働き、稼ぎ、食べて、遊んで、暮らしていくことを維持していく。これが私の思う医師の社会貢献、あるべき立ち位置だと思っています。

偉そうなこと言っても、8割近くは国のお金で賄われる日本の医療、私たちは税金でお仕事をさせていただいているのです。癌が治っても、生活も仕事もガタガタになってしまった……これでは残念すぎます。あなたの癌を1秒でも早く見つける努力。あなたが描いていた人生を全うできるように、癌で失う人生が減ることを祈って。私も頑張らなければいけないと、書きながら思っています。

木村 至信

馬車道木村耳鼻咽喉科クリニック 院長

" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(40) "https://gentosha-go.com/articles/-/45734" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" ["cp"]=> object(WP_Term)#7451 (12) { ["term_id"]=> int(9060) ["name"]=> string(36) "幻冬舎ゴールドオンライン" ["slug"]=> string(11) "gentosha-go" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(9042) ["taxonomy"]=> string(6) "series" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(450) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["url"]=> string(24) "https://gentosha-go.com/" } ["shortcode_img"]=> int(1) } -->

ジャンル