top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【NOAH】王者初陣・清宮が“パワースポット”で熱闘メイン締め 藤田「正面突破」誓う

プロレス/格闘技DX

【NOAH】王者初陣・清宮が“パワースポット”で熱闘メイン締め 藤田「正面突破」誓う

『SUNNY VOYAGE 2022』新潟・万代島多目的広場大かま(2022年9月30日)
○清宮海斗&丸藤正道&ジャック・モリスvs拳王&中嶋勝彦&征矢学×

 新GHCヘビー級王者の清宮が、“パワースポット”新潟大会のメイン締めに成功。米俵とともに初陣を快勝で飾り、10・30有明アリーナ大会での藤田和之戦に向けて「正面突破」を誓った。

 9・25名古屋大会で拳王を破って、約2年9ヶ月ぶりに返り咲き。かつてGHCタイトル初戴冠(タッグ王座)を果たした新潟の地で、王者としての初陣に臨んだ。

 拳王と6人タッグマッチで激突し、タイトルマッチさながらのハイレベルな攻防を展開。最後は相手方の征矢をカウンターのノーステップ式シャイニング・ウィザードで撃ち抜くと、必殺の変型シャイニング弾で仕留めてみせた。

 悔しげな拳王に新王者としてベルトを見せつけた清宮は、ノア新潟大会名物の“米俵”勝利者賞を受け取ると笑顔に変化。「初めてベルトを巻けた新潟に、初めてベルトを巻いて帰ってくることができました。本当にここ新潟は僕にとってパワースポットなんです」とマイクで切り出し、マイナスイオンを浴びるように両手を広げて大拍手を味わった。

 たくましく米俵をかついで花道を下がった清宮は、「今日もらった力を、パワーを有明、対戦相手、藤田。本当に強い。メチャクチャ説得力とか強さとか大きさとか、何もかもプロレスラーとして求められてるものかもしれないけど、チャンピオンとしてやっぱり正面突破でいかないと、そこは自分が避けられない場所なので。しっかり有明で皆さんの思いを背に藤田を倒します」と決意を新たに。充てんに成功した“新潟パワー”とともに、野獣“正面突破”を目指す。

【清宮の話】「いやあ、こんなに、こんなに…やっぱりうれしい。ホントにうれしい。ベルトというシチュエーションでやっぱり緊張感ある日々の中、こうやってたくさんの応援…まだ拍手だけど、本当にたくさん言ってくれたことが本当に力になって。リング上でも言ったようにパワースポット。初めてベルトを巻いたところで、こうやってベルトをもう一度来れた。今日もらった力を、パワーを有明、対戦相手、藤田。本当に強い。メチャクチャ説得力とか強さとか大きさとか、何もかもプロレスラーとして求められてるものかもしれないけど、チャンピオンとしてやっぱり正面突破でいかないと、そこは自分が避けられない場所なので。しっかり有明で皆さんの思いを背に藤田を倒します。ありがとうございます」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル