top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

阿部サダヲ、舞台挨拶初MCで共演者陣を翻弄!宮沢りえは「あとで裏来い」とニンマリ

MOVIE WALKER PRESS

阿部サダヲ、舞台挨拶初MCで共演者陣を翻弄!宮沢りえは「あとで裏来い」とニンマリ

阿部サダヲ主演映画『アイ・アム まきもと』の初日舞台挨拶が9月30日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、阿部をはじめ、満島ひかり、松下洸平、坪倉由幸、宮沢りえ、水田伸生監督が登壇。阿部が初めて舞台挨拶のMCにチャレンジし、会場を盛り上げた。

本作は、“おみおくり係(=お一人で亡くなった方を埋葬する)”として小さな市役所で働く、ちょっと迷惑な男、牧本が、孤独に亡くなった人を独自のルールに従いおみおくりをしていくなかで、さまざまな人々と出会い、少し煙たがられながらも彼らの心に変化をもたらしていく姿を描くヒューマンストーリー。

宮沢と満島のゴージャスなドレス姿を見て「初日なんだなって感じがします。今日はすごい、女優さんってそうなっちゃうんだ。かっこいいですね」とそのオーラに驚いた阿部。キャスト陣を見渡し、「改めて、豪華なメンバーで撮影ができたんだなと思ってありがたいです」と喜びをかみ締めた。

阿部と初共演した松下は、「ありがたいことに、この映画の宣伝もたくさん参加させていただいた。今日が初日で、そういったこともなくなるのかな、またしばらく阿部さんとお会いできなくなるのがさみしい気持ち」とポツリ。阿部は「いつでも会えるぜ」、松下が「よかったです」と答えるなど、息の合ったやり取りで周囲を笑わせていた。

この日は、“迷惑をかける男”を演じた阿部が初MCにチャレンジ。会場から拍手が上がるなか、阿部は「ちょっと待ってくださいよ!難しいじゃないですか」と戸惑いつつも、「やらないと進まないですもんね」と覚悟を決め、「満島さん、どうですか?今日はグッチですか?おいくつですか?」と唐突に質問。矢継ぎ早の問いかけに満島も大笑いだったが、「僕との共演はどうでしたか?」と聞かれると、「いい感じでした。阿部さんは色も白いし、実態が見えないというか。どういう生物なのかずっとわからずに…」と正直に答えた。阿部は「最初、血が通っていない人間と思っていたんですもんね。まさか死んでいるとでも?」と楽しそうに突っ込んだものの、満島は「実際お話してみると、とても温かくてハートフルで一緒にいて楽しくて。やっぱりすごく好きな俳優さんでした」と本気のベタ褒め。阿部は「照れちゃいますよ」と大照れで、会場からも満島の意見に同意するように拍手が上がっていた。

さらに阿部は「次に僕と共演するとしたら、どんな作品、役柄がいいですか?」と松下に投げかけた。松下は「兄弟役とかどうですか」とアイデアを出し、「タメ口で芝居できるものはなにかな?と考えると、兄弟とか」と回答。阿部も「すごくいいですね!兄弟ケンカもしましょう」と乗り気になっていた。続いて宮沢には、「宮沢さんは、いつもおきれいですね」と微笑みかけた阿部。「おぐしが短くなったんですね。すごい似合っている」と宮沢の髪型の変化に触れ、宮沢は「ボブにしたくて」と返答。阿部は「ボブ似合いますよね。元祖、ボブ。ねえ?」と続けながら「あとで怒られるんですか?」と急に心配になってきた様子で、これには宮沢が「あとでちょっと裏、来い」とサービスたっぷりに乗っかり、会場を盛り上げていた。

一通りトークを回した阿部のMC力について、松下は「今日、よくしゃべりますね」、宮沢は「完璧ですね。本当にお上手で」とにんまり。最後まで笑顔にあふれた舞台挨拶となったが、「いやいや、難しいですね…」とMCの感想を明かした阿部は、「こういった温かい人たちに囲まれて、牧本が生きているということが感じられる映画。人と人とのつながりが大事だと思わせてくれる、すごく温かい映画」と心を込めて映画をアピールしていた。

取材・文/成田おり枝

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル