top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

阿部サダヲ、MCに挑戦!宮沢りえに質問もタジタジ

シネマトゥデイ

阿部サダヲ

 阿部サダヲが30日、都内で行われた主演映画『アイ・アム まきもと』の初日舞台あいさつイベントに出席し、MCに挑戦した。壇上には阿部のほか、共演者の満島ひかり、松下洸平、坪倉由幸、宮沢りえ、本作のメガホンを取った水田伸生監督が登壇した。

 本作は、人知れず亡くなった人を埋葬する「おみおくり係」として役所で働く男が、ある老人のおみおくりに身寄りや知人を集めようと奔走するさまを描く。ウベルト・パゾリーニ監督による『おみおくりの作法』を原作に、『十二人の死にたい子どもたち』などの倉持裕が脚本を担当した。

 この日は初日とあって、阿部がMCを担当し、出演者に質問をしていくというユニークな演出が行われた。阿部はMCを急きょ任されたことについて、「過去にこういう場所では(MCの経験は)ないです。(話が)あったとしても断ります」と照れ臭そうなやりにくそうな表情。とっさに満島を振り返ると、「今回僕と共演してみてどうでしたか」と絞り出すように声を出して質問。満島はこれに「いい感じでした」と笑顔で回答し、「色も白いし、どういう人かわからない。でも実際、お話をしてみるとハートフルで、優しくて、すごく好きな俳優さんだなと思いました」とコメントして阿部を照れさせた。

 阿部は次に松下に、「松下さんは(楽屋で用意していた)蝶ネクタイしめるのはやめたんですか?」と絡む。松下は阿部のMCぶりを微笑ましく眺めつつ、「七五三みたいだからやめました」とにっこり。阿部が「僕と次回共演するならどんな作品、役柄がいいですか?」と問いかけると、「また共演させていただけるなら、兄弟役とかどうですか」と答えていた。

 松下は「現場ではいつも敬語で話したりしていたので、芝居の時にため語で芝居できるなら何だろうって考えたら兄弟役かなって思ったんです」とその理由も明かしたが、これに阿部は嬉しそうな表情。「ぜひ、兄弟喧嘩でもしましょう」と述べて松下との会話をそそくさと閉める。

『アイ・アム まきもと』キャスト&監督

広告の後にも続きます

 阿部は宮沢に話しかけたが、恐縮気味の表情。「宮沢さんはいつもお綺麗ですね。朝起きたら何するんですか」と質問を投げると、宮沢は「窓を開けます。ベランダに出ます」とエレガントな私生活を想像させるような、さわやかなコメント。阿部はそんな宮沢に「確かに。ベランダがあったら出ちゃいますよね」とおどけて返答していた。

 宮沢のヘアスタイルにも絡んでいき、「今日は髪型変えましたね。ボブですね。元祖ボブですもんね」と茶化すと宮沢はさすがに苦笑い。阿部が「あとで裏で叱られるパターンですか」と引き気味に探りを入れると、「ちょっとあとで裏来い」と声をあげて会場を沸かせた。そんな宮沢は今回の映画で、阿部との撮影現場の雰囲気がすごく好きだったとも明かし、「声を荒げる人も1人もいなくて、すごく穏やかな現場でしたね。山形の雰囲気や景色もすごくよかった」と振り返っていた。(取材・文:名鹿祥史)

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル