top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Snow Man 佐久間大介、歌やダンスにおいても“切り込み隊長”である所以 思い切りのよさで形作る世界観

Real Sound

Snow Man

 2ndアルバム『Snow Labo. S2』をリリースし、全国8都市を巡るツアー『Snow Man LIVE TOUR 2022 Labo.』初日公演を明日10月1日に控えたSnow Man。リアルサウンドでは、昨年に開催され、今年5月に映像作品としてリリースされた『Snow Man LIVE TOUR 2021 Mania』(以下『Mania』)をもとに、メンバー一人ひとりの個性やパフォーマンスにフォーカスする短期連載を展開中だ。ラスト第9回は佐久間大介に注目する。(リアルサウンド編集部)

(関連:Snow Man 宮舘涼太、ステージ上での優雅な振る舞いの裏にあるもの 突き詰められた美意識の高さ

■佐久間大介、パフォーマンスにおける“Mania”なポイント

 Snow Manメンバーのパフォーマンス分析もついに9人目。最後を飾るのは、「Snow Manの切り込み隊長」の異名を持ち、自己紹介のキャッチフレーズは「アニメオタク兼Snow Man」の佐久間大介。特に華やかなダンスがよく取り上げられる佐久間だが、今回はあえて、その「声」を起点に分析していきたい。

 2021年には『白蛇:縁起』の宣役として三森すずこと共にW主演を務め、今年2022年には『カードファイト!! ヴァンガード will+Dress』の廻間ミチル役としてレギュラー声優に抜擢されるなど、自分の「好き」と声を武器にした仕事を増やしつつある佐久間。その才能の片鱗は『Mania』の中でも随所で見ることができる。

広告の後にも続きます

 「声量があり、よく通る」のがわかりやすい佐久間の声の特徴だが、能力としてもう一つ挙げたいのが「声色の幅広さ」だ。例えば、「Delicious!!」の歌い出しは普段のキャラクター通りの明るい声音で、楽曲のポップでハッピーな雰囲気を印象づける。それが「Black Gold」や「Cry out」では一転、ドスの効いた“治安の悪い声”を響かせる。かと思えば「縁 -YUÁN-」では透明感と儚さのある歌声を聴かせる。「声がいい」の裏には、声の多彩さと使い分けのテクニックがある。

 曲の歌い出しには、楽曲の入り口として世界観を形作る役割がある。歌い出しの声が力強ければ曲の印象も力強くなるし、声が明るければ明るい雰囲気を作り出す。曲の歌い出しを任されることの多い佐久間だが、それは声量の安定感、曲に合わせた声を出せる引き出しの多さとその使い分けという、総合的な声への信頼があるからだろう。

 歌声以外にも注目してほしいのが「Crazy F-R-E-S-H Beat」や「Hip bounce!!」での笑い声だ。このテンションの高い笑い声を聴くと、思わずディズニー映画のキャラクターを想起してしまうのだが、何が言いたいかというと、とにかく発声が振り切っているのだ。この強烈な笑い声を出すには思い切りが不可欠だ。少しでも恥ずかしがったり、ためらったりすると、たぶんこの声は出ない。

 佐久間のこの思い切りのよさは、ダンスパフォーマンスにも見ることができる。ダンスプラクティス動画などでしばしばキャップのつばを咥える動作をしたり、「Crazy F-R-E-S-H Beat」の〈隠したところも見せてDesire〉で衣装をまくって腹筋を見せるのが振り付けの指示ではなく佐久間の独断であることが『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で同曲の振り付けを担当した岩本照に暴露されていたが、こういう振り切ったアクションが出てくるのは「恥ずかしい」や「ためらう」ような回路を断ち切るほどパフォーマンスに没入しているからではないかと思う。アクロバットにも定評のある佐久間だが、アクロバットなどは特に、躊躇や迷いがあると怪我をする可能性のある危険なものだろう。

 ためらったほうが危ないこと、中途半端なほうが格好悪いこと。それを実感として理解しているからこそ、ダンスにしろ歌にしろ表情の見せ方にしろ振り切ったものが出せるのだろうし、ステージの上ではそういうパフォーマンスこそが映えるもの。

 それが『Mania』で顕著なのは、やはり「ADDICTED TO LOVE」ではないだろうか。Snow Manのダンストリオ・岩本、ラウール、佐久間によるこのユニット曲は、3人にスポットライトが当たったその瞬間、会場の雰囲気をすべて塗り替えるような強い世界観がある。振り付けした岩本があえてフリー部分を多くしたこの曲で、佐久間の突き抜けた、ある種の解き放たれたような高揚感のあるパフォーマンスを存分に味わうことができる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル