top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『劇場版SAO -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』本予告公開 初日舞台挨拶も決定

Real Sound

©2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project

 10月22日に公開される映画『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』の本予告が公開された。

参考:映像はこちら

 第15回電撃小説大賞大賞を受賞した川原礫による小説『ソードアート・オンライン』シリーズ(電撃文庫刊)。次世代VRMMORPG「ソードアート・オンライン」を舞台に繰り広げられる主人公・キリトの活躍を描いた物語は、2022年現在、全世界での累計発行部数は3000万部を突破。TVアニメは2012年に第1期が放送、現在まで続く4シリーズ(全97話)に加えて、2017年には『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が公開された。

 『ソードアート・オンライン プログレッシブ』は、《SAO》物語のすべての始まり、アインクラッド第一層からの軌跡を深く掘り下げていく、作者自身によるリブートシリーズ。2021年、その 『プログレッシブ』を原作とした完全新作アニメーション映画シリーズが始動、キリトからヒロインのアスナへ視点を変えて再構築し、新たな《アインクラッド》編を描いた第1弾映画『星なき夜のアリア』が2021年10月に公開された。『冥き夕闇のスケルツォ』はその続編となる。

 世界初のVRMMORPG「ソードアート・オンライン」がデスゲームと化し、1万人のユーザーがゲームの世界に閉じ込められてから、既にひと月以上が過ぎていた。鋼鉄の浮遊城・アインクラッド第一層を攻略したアスナは、キリトとコンビを組んだまま、最上階を目指し旅を続けていた。女情報屋アルゴの協力も加わり、攻略は順調に進んでいるかのように見えたが……。攻略を先導するトッププレイヤー集団、ALS(アインクラッド解放隊)とDKB(ドラゴンナイツブリゲード)。本来は共闘すべき2大ギルドの対立が勃発する。その陰には、暗躍する謎の人物の姿が。死と隣合わせの危険な戦いのなか、“攻略”とはまた異なる“脅威”が、アスナとキリトを巻き込んでいく。

広告の後にも続きます

 本予告は、劇場版オリジナルキャラクター・ミトのセリフから始まり、デスゲーム内の新たな“脅威”が映し出されていく。そして藍井エイルによる主題歌「心臓」にのせて、キリトやアスナたちのバトルアクションを垣間見ることができる。

 また、公開初日に舞台挨拶が開催されることが決定。戸松遥、松岡禎丞、井澤詩織、主題歌を担当する藍井エイルが登壇する。さらに、『アニメ「ソードアート・オンライン」 10th MEETING』の開催も決定。こちらにも松岡、戸松、井澤、藍井の登壇が予定されている。(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル