top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Snow Man 目黒蓮、ドラマ『silent』での“20代の制服姿”に照れ笑い 『滝沢歌舞伎』でも披露した手話を川口春奈が絶賛

Real Sound

目黒蓮(Snow Man)、川口春奈、鈴鹿央士(写真=本 手)

 9月29日にフジテレビ 湾岸スタジオにて、10月期木曜劇場『silent』(フジテレビ系)制作発表が行われ、主演の川口春奈に加え、目黒蓮(Snow Man)、鈴鹿央士が意気込みを語った。

(関連:Snow Man 目黒蓮、ドラマから映画まで相次ぐ出演作で示す存在感 阿部亮平、渡辺翔太も役者として活躍の場広げる

 10月6日スタートの『silent』は、川口春奈が演じる主人公の青羽紬(あおば・つむぎ)が、突然別れを告げられた目黒蓮演じる高校時代の恋人・佐倉想(さくら・そう)と8年の時を経て偶然の再会をはたし、そこに待ち受けていた現実と向き合い、寄り添っていく姿を描く完全オリジナルのラブストーリー。音のない世界でもう一度“出会い直す”ことになった二人と、それを取り巻く人々が織りなす、せつなくも温かい物語が紡がれていく。

 まず作品について主演を務める川口は「すごく難しい役どころでもあり、ストーリーだなと最初は思いました。本気で紬というキャラクター、この作品を、全身全霊をかけてやらせていただきたい」とコメント。「紬自身は真っ直ぐなキャラクターだと思いますので、見ている方に応援していただける、そんなキャラクターになればいいなと日々模索しながら頑張っています」と意気込んだ。

 「若年発症型両側性感音難聴」を発症し、音のない世界で生きることになった想を演じる目黒は、数カ月前から手話の練習をして撮影に挑んだという。「僕自身も手話の素晴らしさを改めて感じながら、本当に楽しんで手話を学ばせてもらっている」と語ると、自身が出演した『滝沢歌舞伎』を振り返って「『One Heart』という曲を歌うにあたって、どうしても僕がファンの皆さんに伝えたかった思いがあって。どう伝えればいいんだろうと考えた時に手話だってなって、その時に自分なりに伝えたい思いを調べて、実際に曲中で(手話を)やらせてもらった。(手話は)離れたところにいる人にも手話で自分の気持ちを伝えられる、素敵なコミュニケーションの一つだなと思って。今回こういう形で、しっかり手話を勉強させてもらえる機会をもらえたのはすごく嬉しかったです」とコメントした。さらに「手だけじゃなくて、表情だったりを含めて手話だと思うので、そういうところも大事にしながら演じられたら」と演じる上での難しさについても言及した。

広告の後にも続きます

 川口は目黒について「想というキャラクターは、最初から手話でコミュニケーションすることが多い。これからも二人の場面で増えていくと思いますし、めちゃくちゃ難しいと思いながら頑張っています。(目黒は)完璧なんで。手だけではなくて、体で、気持ちで伝わってくるので、刺激というか、うわってなります」と絶賛。それに対し目黒は「すごく嬉しいですね。想くんは伝えたい思いや言葉を大事にしているなと思うので、そういうものが伝えられたら」と喜びをあらわにした。

 紬と想の同級生で、今は紬と付き合っている戸川湊斗(とがわ・みなと)役を演じる鈴鹿央士は、自身の役柄を複雑であるとしながら、「セリフの中でも出てくるんですけど、“主成分・やさしさ”と言われるくらい本当に優しい人」と解説。目黒も「登場人物が優しくて温かくて、見てくださる方がどの役にも共感できるような作品」と語った。

 そして、まだ情報が明かされていなかった主題歌についても発表に。Official髭男dismがドラマのために書き下ろした新曲「Subtitle」に決定したことが、彼らによるVTRメッセージで明かされた。「打ち合わせを夏ぐらいにやったことを覚えています。このドラマをご覧いただいているみなさんに彩りを加えられるような楽曲を作れたらいいなと思いでやっていたんですけど、アレンジなんかも新しい機材を使ってみたり、ちょっとグルーヴを多くしてみたりとか、いろんな実験をさせていただきました。その結果、とても壮大で、思いを伝えるということに対して嘘偽りない楽曲が生まれたので、僕らとしても新しい扉を開いていただけた曲となりました」とコメント。

 目黒は「初めて聴いた時もすごく素敵な曲だなと思ったんですけど、何回も聴くごとに、どんどん自分の中でいい曲になっていく気がして、早く本編の中で聴ける日を楽しみにしています」と感想を語り、鈴鹿も「昨日の夜、この曲をかけて台本を読んでいたら、大号泣しちゃって今日目が赤いんですけど(笑)、一つひとつのシーンを積み重ねていくごとに、この曲の深さも分かるし、本当にピッタリで素敵な曲だなって毎回思っています」と話す。川口は「とんでもなく素敵な楽曲を書いていただいたことにまず感謝しますし、このドラマの世界観をさらにグッと深みをだしてくれて、そんな曲をいただけて大変光栄に思います」と感謝を述べ、「聴き込んでいます。まもなく歌えるところまで来ております。90%ぐらい」と言うと、鈴鹿に話が振られ「80ぐらい」、目黒は「90ぐらいまできてます」となぜか3人が競う場面も。

 完全オリジナルとなる今作について目黒は「演じる自分自身も早く次の台本、その先の話が知りたくて、『早くください!』って言ってしまうぐらい素敵なお話。こんな作品に携われて嬉しいです」と笑顔でコメント。鈴鹿は「どのシーンでも温かさだったり、切なさだったり、いろんなことを考えちゃう……」と言葉に詰まると、川口が鈴鹿について現場でもそのままのキャラクターであり「おっとーり、やさしーい、ボーイです」と語った。

 作中、回想シーンでは3人が高校生姿に。目黒は「ちょっと恥ずかしい」と照れつつ「青春を感じさせられるような画が撮れていると思うので、ここは一つ楽しみにしてほしい」と期待値を上げる。川口は「お2人はかっこいいんですけど、ちょっと私は不安だなと思いながら今日も回想シーンを撮ってきた。膝小僧を出しているのは違和感しかなくて、頑張ってやっています」と本音を明かし、鈴鹿は「僕はまだ中学生までいけます。この間喋っていて、顔だけだったら赤ちゃんの代役いけるねっていう話をしてました」と笑いを誘った。川口は3人のチームワークや空気について、「とっても甘酸っぱいです。制服で3人が集まるとソワソワするというか、汗が止まらないんです。恥ずかしさと、どうしたらいいか分からない照れと不安と迷いと。無事にいい画になっているように願ってます」と言うと、目黒も「なってると思います。20代の制服を楽しみにしていてほしい」と語った。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル