top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「アイ・アム まきもと」阿部サダヲ、満島ひかりの「すごく好きな俳優さん」に照れ笑い

ナタリー(映画)

「アイ・アム まきもと」阿部サダヲ、満島ひかりの「すごく好きな俳優さん」に照れ笑い

アイ・アム まきもと」の初日舞台挨拶が本日9月30日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの阿部サダヲ満島ひかり松下洸平坪倉由幸我が家)、宮沢りえ、監督の水田伸生が登壇した。

【この記事の画像・動画(全14件)をもっと見る】

本作は、市役所の“おみおくり係”で働くちょっと迷惑な男・牧本壮が、身寄りなく亡くなった人を独自のルールに従って弔うヒューマンドラマ。阿部が牧本を演じた。主演作の公開を迎える気持ちについて阿部は「緊張しますよ」と述べつつ「改めて豪華なメンバーで撮影ができたんだなと思いありがたいです」と喜ぶ。

イベントでは、阿部がMCとして登壇者に質問する場面も。「僕と共演していかがでしたか?」という質問に対し、満島が「阿部さんは実際にお話ししてみると、とても温かくてハートフルな方。一緒に現場にいて楽しくて、やっぱりすごく好きな俳優さんでした」と回答すると、阿部は「照れちゃいますよ」と笑顔を見せた。続けて「次回僕と共演するとしたらどんな役がいいですか?」と問われた松下は、「兄弟役。普段は敬語でお話ししていますから、タメ口でお芝居できるのは何かなと考えて」と伝える。

阿部が坪倉に「坪倉さんにとって我が家とは何ですか?」と尋ねると、坪倉は「過去の栄光ですね(笑)」とユーモアたっぷりに答え、会場は笑いに包まれる。「本作の撮影はどうでしたか?」という問いかけに宮沢は「本当に穏やかな現場でしたね。(撮影地の)山形の風景に癒やされていました」と振り返った。

広告の後にも続きます

最後に阿部は「人と人とのつながりが大事だなと思う温かくなる映画です。(牧本は)“迷惑かける男”とされていますが、それが果たしてどのような迷惑なのか、本当に迷惑なのか考えていただきたい」と語る。さらに彼は「今日公開ですから、これからも応援よろしくお願いします」と呼びかけてイベントを締めた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル