top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

映画『アイ・アム まきもと』は阿部サダヲの魅力に夢中になる!秋がよく似合う心温まるやさしいコメディです

Pouch[ポーチ]

映画『アイ・アム まきもと』は阿部サダヲの魅力に夢中になる!秋がよく似合う心温まるやさしいコメディです

【最新公開シネマ批評】映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、阿部サダヲ主演映画『アイ・アム まきもと』(2022年9月30日公開)です。阿部サダヲさんといえば、『死刑にいたる病』の極悪殺人鬼役で観客を震え上がらせたばかりなのに、今度は身寄りのない方の死と真剣に向き合う心やさしい「おみおくり係」。本作の阿部さんも素晴らしいんですよ〜。

では、物語から行ってみましょう。

【物語】

市役所の市民福祉課に務める牧本壮(阿部サダヲさん)は、身寄りがなく、ひとりで亡くなった人を無縁墓地に埋葬する「おみおくり係」。

誰も頼んでいないのに、「遺族が取りに来るかもしれないから」と彼のデスクの周辺には遺骨の壺がたくさん保管してあります。

広告の後にも続きます

そんな「おみおくり係」は、新任の局長(坪倉由幸さん)が合理化を理由に廃止を決定。そして牧本は、最後の仕事に取り組むことに……。

【阿部サダヲ色に染まるやさしい主人公】

牧本は人の話をあまり聞いていないし、場の空気を読まない、ちょっと変わった人物です。

大人ならば言葉にしなくても相手の立場を察したり、暗黙の了解があったりということあるじゃないですか。でも、牧本は察しが悪いので、「なんでですか?」「どうしてですか?」と相手を質問攻めにしてしまいます。1歩間違うと、ただ面倒臭いウザいキャラクター。

でもそうならなかったのは、やはり阿部サダヲさんが演じているから。風変わりな男を魅力的に見せるのが上手いんですよ。

自分のせいで場がおかしな空気になったことに気づくと「牧本、ちょっとこうなっちゃいました〜」と両手を顔の横に立てて、アワアワしちゃって。その姿が可愛いんです。

阿部さんが演じたから、 “チャーミングな牧本” になったのだと思います。

【死をベースにしているけど温かくてやさしい】

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル