top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鹿児島玉龍vs鹿屋

高校野球ドットコム

2安打でコールド勝ち・鹿児島玉龍

 鹿児島玉龍は3回裏、連続四球と暴投で二・三塁とし、1番・堀 裕斗(1年)の右前適時打で先制。内野ゴロと併殺崩れで計3点を先取した。

 4回は相手のエラー、6回は重盗、いずれも無安打で追加点を挙げた。

 鹿児島玉龍の注目の左腕エース・川畑 陽介(2年)は序盤3回を3人ずつで片付ける完ぺきな立ち上がり。球数少なくテンポ良く打たせて取る投球が最後まで衰えず、8回を投げて散発4安打、8奪三振、無四球の好投で鹿屋打線に三塁を踏ませなかった。

 鹿屋のエース上園 煌太(2年)は安打こそ3回の1本のみだったが、13四死球と制球が安定しなかった。

 8回裏、鹿児島玉龍は無死満塁とし、8番・道 俊希(2年)がチーム2安打目となる左翼線二塁打を放ち、2者生還で7点差となり、わずか2安打でのコールド勝ちを決めた。

広告の後にも続きます

(取材=政 純一郎)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル