top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

パートナーと話したことある? 女性の避妊に対する意識調査

マイナビウーマン

オルガノンはこのほど、9月26日の世界避妊デーに合わせて実施した「女性の避妊に関する意識調査」の結果を公表しました。

■避妊を取り巻く現状とは?

女性のピルの服用は最も確実とされている避妊方法の1つ(※1)ですが、国連が公表しているデータでは日本のピルの普及率は2.9%(※2)に留まっており、欧米諸国と比較すると大きな差があります。

同社では、Entaleが提供する生理日予測・パートナー共有サービス「ペアケア」登録者のうち国内の男女3,994人(女性 89%、男性11%)に対し「女性の避妊に関する意識調査」を実施。調査結果が避妊への理解促進に繋がると考え、結果を明らかにしています。

※1: Trussell J. et al. Efficacy, safety, and personal considerations. in Contraceptive technology. 21st ed. edited by Hatcher RA et al. Ayer Company Publishers, Inc., 2018. ※2: Contraceptive use by method 2019:https://digitallibrary.un.org/record/3849735?ln=en

広告の後にも続きます

■女性主体の避妊方法を選択している人はわずか15%

「あなたはこれまでにパートナーと避妊や妊娠のリスクなどについて話をしたことがありますか?」という質問に対して、77%の人が「話したことがある」と回答。性にまつわる話題はタブーとされてきた文化が変化してきていると考えられます。

一方で、「あなたは普段どのような避妊方法を使用していますか?」という質問に対しては、85%の人がコンドームや体外射精などの男性主体の避妊方法を選択しており、避妊方法の選択に偏りがあることがわかりました。

■周囲の理解が十分でないため、ピル服用につながっていない

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル