top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

RIZINの榊原CEOがメイウェザーへの花束投げ捨てを「テロ行為」と断罪。そして土下座で世界中に謝罪【RIZIN】

TOKYO HEADLINE

 RIZINの榊原信行CEOが9月30日、「超RIZIN」(9月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で起こった出来事について土下座して謝罪した。

 同大会では最前列の4席をNFTのデジタルチケットで発売。その購入者にメインイベントで行われるフロイド・メイウェザーvs朝倉未来戦で花束を渡す権利が与えられたのだが、その当該人物がメイウェザーに渡すべき花束をリングに投げ捨てるという行為を行った。その場はメイウェザーが花束を拾い上げセコンドに渡し、事なきを得たのだが、その後、日本国内はもちろん、海外でもその人物の行いに批判が集まっていた。この日行われた会見で榊原氏は改めてその人物が花束贈呈を行うことになった経緯を説明したうえで謝罪した。

 榊原氏はその行為については「テロ行為」と断罪したうえで「その行為によってすべてが侵され汚されてしまった。あのシーンを見るたびに吐き気がするし、悔しくて仕方がない。自分が代表を務めるRIZINという舞台で、未然に防げなかったのかということを自戒している。高いお金を払って会場に来ていただいたみなさん、PPVで日本全国、世界中で見ていただいた方にお詫びしてもお詫びし切れない。見せてはいけないもの、お金を払ってこんな嫌な思いをさせてしまって本当に申し訳ないという思いで今もいっぱいです」などと今回の件で不快感を感じたすべての人たちに謝罪した。「想定できないことではあったが、想定できなかったから許されることでもないと強く思っています。二度とそういうことは起きないようにします」と続けた。

 リングに上がるということでチケットを販売した会社に購入者の確認とバックグラウンドチェックをしてもらってはいたが、「誓約書をいただくとか、事前にフラワートスの仕方を教示するとか、間違ってもああいう行為に及ばないという確認はできていなかった」などと当該人物が花束贈呈に至る経緯を説明した。

 メイウェザーについては「試合直後にジェームス代表に謝った。その場は“大丈夫だ。こういうこともある”と言っていただいた。その後、控室でメイウェザーにも謝った。メイウェザーもうつむきながら理解はしてくれたが、その後も世界中からメイウェザー本人にも反応が寄せられた。メイウェザーはアフターパーティーには顔を出さず、翌日もなかなか会えず、最後に夕食後に降りてきたところを捕まえて話をすることができた。彼とすると信頼していた日本の人たち、RIZIN、僕のことも信頼してくれていたと思うが、それに対する信頼はこれからも続けていきたいが、今回起きたことに対して彼の中で消化ができていないようで、本当につらそうだった。それでも“もう一度、日本に戻ってくる。心配するな”と言って立ち去ったが、心中察するに彼の中にいろんな思いがあると思う」などとその心中をおもんぱかった。

広告の後にも続きます

 そして「どんなことがあっても二度とこういうことは起こさない。改善をしていきたい」と決意を述べたうえで「僕自身、謝罪とはどういうものかと思っていて。日本は礼節を重んじる国だと思っている。世界中の人たちに“申し訳ない”という気持ちをしっかり伝えたいので、ここで土下座をしてお詫びの気持ちを世界中の人に伝えたい。人にお詫びをする時の最大級のお詫びがこれだと思うし、生まれてこの方一度もしたことがない。ただ僕が最終責任者である場で起こしてしまったことに本当に申し訳なく思っているし悔しく思っている。二度と起こさないようにという自分への自戒の念も込めてお詫びをさせていただきたい」と土下座で謝意を表した。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル