top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

落語家の三遊亭円楽さん死去、肺がん治療再開の矢先に

ナリナリドットコム

落語家の六代目三遊亭円楽さんが9月30日、肺がんのため死去した。72歳だった。

所属事務所の公式サイトに掲載された「訃報」では、「弊社所属の落語家・三遊亭円楽が、9月30日に肺がんのため死去いたしました。ここに謹んでご報告申し上げます」と伝え、「8月下旬の入院以降、肺炎は軽快し、肺がんの治療を再開した矢先のことでした。遺族、関係者一同、大変急なことで、今はまだ悲しみに向き合うこともできず、対応に追われております」「葬儀は近親者のみで行わせていただき、後日、お別れの会を催す予定でございます。関係者のみなさまへは、改めてご案内申し上げます」とつづっている。

六代目円楽さんは、1970年、青山学院大学法学部在学中に五代目円楽に入門し、楽太郎として、1977年から「笑点」(日本テレビ系)のレギュラーメンバーに。1981年に真打ち昇進、2010年に六代目円楽を襲名した。

2018年に肺がん、2019年に脳腫瘍、今年1月には脳梗塞で闘病。5月に退院、8月には高座復帰も果たしたが、8月下旬に再び入院し、帰らぬ人となった。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル