top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【投資費用100万円以下、融資不要】…気軽にスタートできる〈レンタルスペース投資〉の魅力

幻冬舎ゴールドオンライン

不動産投資を行うには、まとまった資金を準備するほか金融機関でローンを組む必要もあるなど、大きな負担がかかります。しかし、レンタルしペース投資なら、資金はわずかですみ、ローンも不要です。数字のシミュレーションを見ていきます。※本記事は、坂口康司氏著、小泉直弥氏監修『堅実な資産運用をしたいならこの1冊! レンタルスペース投資の教科書』(自由国民社)から抜粋・再編集したものです。

レンタルスペース投資は、100万円あれば開始できる!

私は自分の父親が不動産投資で利益を出しているのを幼少期から見ていました。

社会人になってから不動産や株式投資に興味が出てきて、始めてみようと試みたこともありました。

しかし、新入社員で給料が低く貯金がなかった当時の私は銀行から融資を受け、不動産投資を始めるような度胸も信用力もなく断念。

独立した後に再度興味が湧いて不動産投資を試みたものの、金融機関による信用力が全くない状態かつ元手も多くなかったため、泣く泣く諦めたという過去があります。

広告の後にも続きます

もし仮に不動産投資を始めようと思ったら、少なくとも300万円ほどの元手と数千万円もの融資を得て、初めて賃貸物件などを購入することができます。

しかし、それでも成功するかどうかはわかりません。

マンションを購入し、それを貸し出す場合に、借り手がつかない場合があったり、借り手がついても、その方が家賃をしっかり払えるかわからなかったり、近隣トラブルがあったりとリスクもあるのです。

それに比べると、レンタルスペース投資はたったの100万円あればスタートできます。不動産投資のように、30年にも及ぶ返済義務を負う必要もありません。

つまり、レンタルスペース投資は低予算で融資不要で始められる投資なのです。

では、具体的にレンタルスペース投資を始めるとしたら、何にどのくらいの費用がかかるのでしょうか。一例ですが、東京で小規模のパーティー系レンタルスペースを作る際に必要な費用をご紹介します。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル