top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【緑内障】お酒やコーヒーは飲まないほうがいい?眼圧が上がる飲みもの、食べもの(眼科専門医が解説)

幻冬舎ゴールドオンライン

緑内障の進行には、食事や運動、生活態度が大きく関係しています。緑内障を悪化させないためには、何に気をつければよいのでしょうか? メディアでお馴染みの眼科専門医・平松類氏の著書『自分でできる!人生が変わる緑内障の新常識』(ライフサイエンス出版)より、具体的な食べものや飲みものに関する注意点を見ていきましょう。

本稿を読む前に…

本稿ではQ&Aの根拠となる論文のエビデンス(科学的根拠)レベルをABCに分け、参考程度にとどめていただきたいDもふくめて評価しています(図表1・2参照。簡易的に分けているのであくまで目安とお考えください)。

[図表1]本稿のエビデンスレベル(著者作成) 出所:平松類著『自分でできる!人生が変わる緑内障の新常識』(ライフサイエンス出版)
[図表2]7つのエビデンスレベル(著者作成) 出所:平松類著『自分でできる!人生が変わる緑内障の新常識』(ライフサイエンス出版)

Q1. 緑内障の人がチョコレートを食べてもいいですか?

⇒A. ダークチョコレートを適量食べる分には問題ありません。ただし、とりすぎと血糖の上昇に気をつけてください。

【エビデンスレベル:B~C】

チョコレートを食べると血流がよくなるといわれています。こういったお話をすると甘いチョコレートをたくさん食べてしまう人がいますが、糖質をとりすぎてしまう可能性があります。

前回記事でお話ししたように緑内障には砂糖がよくないわけですから、甘いチョコレートはよくありません。とくに市販されているミルクチョコレートやチョコレートを原料にした加工食品などは砂糖がたくさん入っているのでおすすめできません。

広告の後にも続きます

その一方で、チョコレートを食べると血流がよくなるのは健康な人だけで緑内障患者さんのように目の血流がもともと悪い場合にはそれほど作用がないという研究があります*1

したがって、チョコレートを食べるなら、ダークチョコレート(高カカオチョコレート)をちょっとだけにしておいたほうがよさそうです。

*1 Terai N, et al. The short-term effect of flavonoid-rich dark chocolate on retinal vessel diameter in glaucoma patients and age-matched controls. Acta Ophthalmol 2014;92(5):e341-5. doi: 10.1111/aos.12373. Epub 2014 Mar 16.

Q2. 緑内障にアルコールとタバコは影響しますか?

⇒A. タバコは血流を悪くするのでやめてください。アルコールは視神経が傷むので控え気味にしてください。

【エビデンスレベル:C&A】

緑内障にタバコはどうでしょうか? そう聞く人は「いいですよ」といってもらいたそうな顔をしています。しかし、申し訳ありません。やっぱりダメです。「タバコは眼圧を上げる*2」といわれています(⇒エビデンスレベル:C)。さらには血流を悪くします。とくに目の血管は細いので、タバコの血管を縮める作用が強くはたらき、緑内障の悪化の要因となります。

アルコールについては、「緑内障の進行度はあまり変わらない*3(⇒エビデンスレベル:A)」あるいは「少し眼圧が上がるのでは?*4(⇒エビデンスレベル:C)」というデータがあります。これらのデータを見ると、少なくとも大量のアルコールはおすすめできません。血管に負担を与えることになり、視神経が傷んで視野欠損が起こりやすくなります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル