top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

毎日ナンパ、喧嘩で警察沙汰に…「ただの酒飲み」がアルコール依存症になるまで

幻冬舎ゴールドライフオンライン

重度のアルコール依存症に陥り、社会的破滅の崖っぷちまで追い詰められた著者。しかし、すべてを失う寸前で抜け出す糸口をつかみ、ついに依存症からの脱却に成功する。そんな著者による、アルコール依存症を克服するための方法とは! ※本記事は、阿部ケニー氏の書籍『アルコール依存症だった私』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】【エッセイ】重度のアルコール依存から抜け出した著者の実録!

第一章

高校生になると、誰かの家に集まり五人〜一〇人ぐらいで「家飲み」をすることがありました。

何度か繰り返すうちに「多く飲める奴が讃えられる」という図式ができあがりました。

私は人気者になりたくて沢山飲める方法を研究しました。テレビCMか何か忘れましたが「ビールは味わうのではなく喉越しで飲むのだ」と、どこかで聞きました。私は水やジュースを飲む時も練習を繰り返しました。

広告の後にも続きます

飲む時に喉の奥を開けて直接喉の奥に当てるように流し込むのです、鼻呼吸は吸うも吐くもせずピタッと止めたまま、そうすると味や匂いを感じることもなくゴクゴクと飲み干すことができるようになりました。

味がわからないように飲み込むという、もう何の練習をしているのか意味不明ですが、とにかく沢山飲んで陽気な人気者になりたかったのです。かくして私は飲み会では毎回人気者になることができました。

高校三年生からは家庭の複雑な事情もあって一人暮らしになっておりましたので、親からもらった生活費をやり繰りしながら「毎晩必ず一本以上ビールを飲む」という自主練までするようになりました。

高校を卒業する頃には、友人たちの間では有名な大酒飲みとなっていました。それでもビールは相変わらず苦くて不味い飲み物でした。

高校を卒業した私は、自衛隊に入隊しました。

高校は進学校だったのですが、三年間勉強に身が入らず記憶力も悪く、大学進学も諦めました。もしかしたら飲酒の悪影響がすでにあったのかもしれません。ほとんど全員が進学する学校だった為、学校推薦の就職先がありませんでした。教師からも諦められていました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル