top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

若手俳優たちがキスや殺人など過激シーンに挑む 小宮璃央主演 BL学園ホラー「グランギニョール」公開決定

映画スクエア

 「探偵はBARにいる」「HOKUSAI」などの橋本一監督による、ボーイズラブ(BL)学園ホラー映画「グランギニョール」が、10月28日より劇場公開されることが決まった。小宮璃央、浦上晟周、曽田陵介、山田瑛瑠、市川理矩、笹森裕貴らが、情熱的なキスや殺人などの過激なシーンの連続に挑む。

 「グランギニョール」は、問題を起こした生徒だけが集められ、世間からの通信が遮断された孤島の学園を舞台とした作品。その学園に転校生としてやってきた穂村イツキ(小宮璃央)は、19世紀フランスの残酷演劇“グランギニョール”研究会に入ることになる。研究会のメンバーに加え、彼らを管理する教師や料理長、謎の新任教師など、学園に集まる怪しげな人々。そして、“グランギニョール”のような連続殺人事件が起こる。イツキたちは逃げる術のない孤島で、死の恐怖と男同士の愛と憎しみの渦の中に巻き込まれていく。

 「魔進戦隊キラメイジャー」でドラマ初出演を務め、放送を控える話題のBLドラマ「永遠の昨日」でも主演する小宮璃央が、主人公の穂村イツキ役を演じる。他の生徒役には、「不幸くんはキスするしかない!」などの曽田陵介、「HOKUSAI」などの浦上晟周、「王妃の館」などの山田瑛瑠、「さまよう刃」などの市川理矩、ミュージカル「刀剣乱舞」シリーズなどの笹森裕貴が顔をそろえる。

 公開された予告映像では、“歓喜の歌”のBGMに乗せて、イツキが転校生として学園に迎え入れられるところから始まる。イツキに近寄り、メイド服姿のアマガミ(曽田陵介)と交わる料理長の水上真治(中尾暢樹)、テシオ(浦上晟周)と深いキスをするイツキの姿など、学園内で繰り広げられるボーイズラブのシーンが映し出されるほか、拷問される水上真治、血だらけの教師・竹之宮雪美(金子みひろ)や次々と刺される学生たちなど、ホラーシーンも見られる。

【作品情報】
グランギニョール
2022年10月28日(金)より池袋シネマ・ロサ他全国順次公開
©橋本一/ダブルフィールド

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル