top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

人に興味を持つことを避けてきていた男、不思議な青年との出会いで変わっていく 「君に幸あれよ」公開決定

映画スクエア

 25歳の新人監督櫻井圭佑が、全員20代のスタッフ・キャストと作り上げた映画「君に幸あれよ」が、2023年2月より劇場公開されることが決まった。

 「君に幸あれよ」は、ちまたでは狂犬と呼ばれる、債権回収などの裏稼業で生計をたてる真司(小橋川建)を主人公とした映画。実は過去に大切な舎弟分を亡くし、人に興味を持つことを避けてきていた真司。そこへ現れた不思議な青年・理人(高橋雄祐)と一緒に過ごすうちに、次第に心がほぐれていく。しかし、過去の過ちが原因で理人が事件に巻き込まれてしまう。

 主人公の真司役には「無頼」「花と雨」の小橋川建、不思議な青年・理人役に「僕たちは変わらない朝を迎える」「透明花火」の高橋雄祐、ほかに「岬の兄弟」「ONODA」の松浦祐也、「いつかのふたり」「朝が来る」の中島ひろ子、「冷たい熱帯魚」「シン・ゴジラ」の諏訪太朗などが脇を固める。監督は、俳優・写真家としても活躍する櫻井圭佑。コロナ禍の2021年に、本作に出演する小橋川、高橋とともに映画を企画。「JOINT」「脳天パラダイス」の撮影監督・寺本慎太郎をはじめとしたクルーとも出会い、撮影当時すべて20代のキャスト・スタッフで、本作を一気に作り上げた。

 公開されたティザービジュアルには、傷だらけになりながら一点を見つめバイクを走らせる真司と、純真さを感じさせるほほ笑みをたたえた理人の写真の横に、「この世に分かり合えるやつなんていない。だけど、アイツに出会って救われた。」とコピーが並んでいる。特報では、おそろいの金髪になった理人と真司が「まるで双子だな」と言われる様子や、裏社会でギリギリの日々を生きる彼らの姿などが映し出されている。

【作品情報】
君に幸あれよ
2023年2月渋谷ユーロスペースほか全国順次公開
配給:MAP
© 映画「君に幸あれよ」製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル