top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東映、東京撮影所にバーチャルプロダクション部が発足!国内初のLEDスタジオを新設

MOVIE WALKER PRESS

東映、東京撮影所にバーチャルプロダクション部が発足!国内初のLEDスタジオを新設

映画製作、配給を行う東映株式会社が、10月1日(土)より、東京撮影所に新しくバーチャ
ルプロダクション部を発足することを発表した。

先端技術による新しい映像制作技術であるバーチャルプロダクションの実証試験に取り組むという東映。東京撮影所No.11ステージを横30m×縦5mのLEDウォールを設置した、現時点で日本最大のLEDスタジオとしてリニューアルし、2023年1月から運用開始する予定だという。今後5年間で約20億円を投資し、制作する映像作品の制作工程で、このLEDスタジオを利用していくとのこと。これにより、「先端技術であるバーチャルプロダクション」を含む映像全般のテクニカルフォローができる日本随一のテクニカルチームの育成、背景用のデジタルアセットの制作ノウハウやデジタルアセットの蓄積、当社の制作する映像コンテンツの高品質化などを図る。

バーチャルプロダクションとは、仮想空間の背景と、俳優や小道具といった実物の被写体を同時に撮影し、合成する撮影手法を指す。多くは、背景にLEDパネルを設置したもので、背景のLEDパネルに映像やCGIを表示させる。アメリカ、インド、韓国などでは多くのLEDステージが新しく設立され、制作作品数も増えている。しかし国内では、CMやMVなどで利用されているものの、映画やドラマに使用される例は少ない状況だという。

バーチャルプロダクションを取り入れることで、グリーンバックと比較し作業工程が大幅に圧縮されたり、ロケ地や移動時間、天候に左右されないことによりスケジュールが確保しやすくなったり、照明セッティング時間の短縮など、様々なメリットがあるとのこと。

映画配給会社が自社でLEDスタジオを保有、運用するのは国内初だという。これをきっかけに国内作品の映像表現がさらに豊かになっていくことに期待が高まる。

文/サンクレイオ翼

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル