top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ウソの職業を伝えたまま、交際3ヶ月。女は、タクシーの中で突然真実を打ち明け…

東京カレンダー

ウソの職業を伝えたまま、交際3ヶ月。女は、タクシーの中で突然真実を打ち明け…

東京…特に港区は、ウソにあふれた街。

そんな港区を走る、すこし変わったタクシーがある。

ハンドルを握るのは、まさかの元・港区女子。美しい顔とスタイル。艶のある髪。なめらかな肌…。

乗客は皆、その美貌に驚き、運転席の彼女に声をかける。

けれど、彼女と話すには、ひとつルールがあった。

「せめて乗車中はウソ禁止です」

乗客たちは、隠れた本音に気づかされていく――。

▶前回:10回デートをしても、手を出してこない男。悶々とした女は、ある行動に出る…



外苑前~五反田 優佳(30歳)と辰哉(31歳)


22時。

辰哉と優佳を乗せたタクシーは、外苑西通りを南に向かって進んでいた。

辰哉はスマホを片手に、先ほど撮ったディナーの写真を見ている。

「これ美味しかったよね」
「ああ、これも最高だった」

写真をスライドしながら、ゆるんだ表情でつぶやく。

しかし、数十分前までレストランで楽しそうに話していた優佳は、口を閉ざしたままだ。

「…優佳。さっきからどうしたの?」

心配になった辰哉が優しい声で問いかけると、ようやく優佳は口を開く。

「実はね。辰哉にずっと黙っていたことがある」

深刻な顔をしている優佳を見て、辰哉の顔色が変わった。

「…なに?」

「あのね。私、今の職場で働く前は『看護師として働いていた』って言ったと思うんだけど、あれ…実は…ウソなの…」

タクシーは、西麻布の交差点の赤信号で、ゆるやかに停車する。

「辰哉と知り合う直前まで、この辺りで夜の仕事をしていたんだ」



美容クリニックで働く優佳と、スポーツ用品メーカーで働く辰哉は、ともに30歳。

友人の紹介で半年前に知り合い、3ヶ月前から付き合っている。

今夜は、交際3ヶ月記念のディナーだった。

青信号になり、タクシーが交差点を抜けていくと、優佳は口を開く。

「看護学校には通っていたけど、卒業しないまま夜の仕事を始めたの。看護学校は、そのまま卒業しなかった。だから看護師の資格は持ってない。

それに、今いるクリニックも看護師じゃなくて、医療事務として働いている。ずっとウソついていて、ごめん」

戸惑う辰哉を置き去りにして、優佳は淡々と続けた。

「正直、夜の仕事をしていたころは、男遊びも激しかった。今の私からは想像もできない生活をしていたと思う」



辰哉は、どんな言葉を返せばいいのかわからず、しばらく無言になる。

タクシーが広尾駅を通過する頃に、ようやく言葉をひねり出した。

「なんで今になって話そうと思ったの?」

「それは…真剣な恋だから」

窓の外を見つめたまま優佳は答えた。

「この3ヶ月間、ずっと辰哉を騙してるような気がしてた。ううん。実際、騙してた」

出会った当初、優佳は「看護師として忙しく、男性とは縁がなかった」と説明していたのだ。

「フラれても仕方ないと思ってる。でも辰哉への気持ちは本物だから、本当のことを伝えなきゃって思ったんだ」

優佳はタクシーに乗って以来、初めて辰哉の目を見つめる。

「今までウソついていて、ごめんなさい」

「そんなのいいよ。ぜんぜん気にしない」

真剣な優佳の表情に、辰哉は即答した。タクシーは白金トンネルに入っていく。

「…実は、俺も、昔は結構遊んでたからさ。20代なんて、遊んでなんぼみたいなところあるじゃん」

トンネルを出たあとも、辰哉は明るい声で続ける。

「優佳が真剣な顔して話し始めたからビビったけど、たいしたことじゃなくて、良かったよ。

…あっ、たいしたことじゃないっていうのは失礼だよね。正直に伝えてくれてありがとう。でも本当に気にしてないから大丈夫」



タクシーは最初の目的地、池田山に到着した。

池田山には、優佳が暮らしている実家マンションがある。

「今実家に住んでいるっていうのは、ウソじゃないから」

「うん、わかってるよ。今日はありがとう」

「こちらこそ、ありがとう」

優佳は笑顔を見せて、ひとり、先にタクシーを降りる。その笑顔の奥にある本当の感情を、辰哉は読み取ることができなかった。

「次は五反田を目指せばよろしいですね?」

若い女性の運転手が、辰哉に声をかける。

「はい。お願いします」

いつもなら、デートの最終目的地は、五反田にある辰哉の部屋だ。

しかし今夜の優佳はなぜか「今日は家に帰るから」と言った。

― もしかしたら、今日フラれることを覚悟していたのかな。

そう思った辰哉は、急に不安に襲われる。

― 今の返事、彼女にどう伝わっただろう?精一杯の強がりがバレていたら、どうしよう…?



タクシーが走り出すと、辰哉は運転手のネームプレートを確認してから、声をかける。

不安が募って、誰かに話を聞いてもらいたくなったからだ。

「今、僕の彼女がした話、柊さんはどう思いますか?」

「『どう思う』というのは?」

柊舞香は、静かに聞き返す。

「…いえ、何でもありません」

急に恥ずかしくなって辰哉は口をつぐんだ。だが、すぐに口を開く。

「やっぱりどう思うか、教えてください。僕たちは、この先うまくいくでしょうか?」

「申し訳ございませんが、私にはわかりません」

舞香の事務的な返事に、ふたたび恥ずかしさが込み上げてきた。

「そりゃそうですよね。今の話を聞いているだけじゃ、僕たちがうまくいくなんてわからないですよね…」

「ただ一つだけ、大変失礼ながら、私にわかったことがあります。的外れかもしれませんが、それで良ければお伝えします」

「…何ですか?」

「お客様がウソをついているとき、私はそれに気づいてしまうことがあるんです。今もまさにお客様がウソをついていると、私にはわかりました。

でも、お客様。せめてこのタクシーに乗っている間だけはウソは禁止でお願いします」

辰哉はギクリとする。

舞香の指摘どおり、辰哉は優佳に、ウソをついたからだ。



「…柊さんのおっしゃるとおりです。『俺も20代のころ遊んだ』というのは、ウソです。

むしろ恋人はひとりもいませんでした。優佳が初めての恋人なんです」

だからこそ、優佳のカミングアウトはショックだった。

― 男性とほとんど付き合ってこなかったと彼女が言っていたから、恋愛経験の少ない僕でも気兼ねなく付き合える気がしていたのに…。

ただ、今までに伏線がなかったわけではない。

優佳は事あるごとに「3週間、3ヶ月…3がつく期間で恋人は別れやすい」なんて発言をしていた。

きっとこれまでの男とは、付き合って3ヶ月で別れてきたのだろう。あるいは3週間かもしれない。

男性経験が少ないと言ってはいるが、実際はそんなことはないかもしれない…そんなふうに勘ぐったこともあった。

― 今日は、交際3ヶ月の記念日。優佳は、この先も付き合いは続くと判断したからこそ、このタイミングでカミングアウトしてくれたんだろうな。

その優佳の勇気には、応えたかった。

「正直、なんて返事をすればいいか混乱してしまって。咄嗟に出たのが『俺も20代のころは遊んだ』ってウソでした」

「優しいですね」と舞香は言う。

「…これが優しさですか?正直に話してくれた優佳に対して、僕はウソをついたんです。優しさなんでしょうか」

問いかけたつもりだったが、舞香から返事はない。

息が詰まるような思いがして、辰哉は独り言のようにつぶやいた。

「僕たち、この先うまくやっていけるのかな…」

恋愛経験の乏しい辰哉は、ただただ困惑するしかなかった。

タクシーは、長く走ってきた外苑西通りを左折。山手通りに入れば、五反田の辰哉の自宅マンションはもうすぐだ。

「この先うまくやっていけるのか、ですか」

唐突に舞香が口を開く。

「その問いに答えるのなら、イエスです。やっていけます。おふたりなら、きっとうまくいきます」

言いにくい過去をカミングアウトする素直な女性と、それを受け止めながらも彼女を気遣う優しい男性。直すべきところなどないと、舞香は微笑んだ。

「男女の交際というのは、時に思いもよらないことが発生します。

そのとき、今夜のお客様のように相手と同じ目線になる優しさがあれば、どんなことが起きても乗り越えられると私は思います」

タクシーが目的地に到着し、運転席の舞香は振り返る。

「私を含めて多くの男女ができないことを、お客様はできています。恋愛経験の乏しさなんて関係ありませんよ」



翌日の夜。

辰哉はあらためて優佳と会い、前夜のタクシーで「俺も遊んでいた」とウソをついたことを謝罪した。

「それぐらい気づいてたよ」

優佳は寂しそうに笑った。

「辰哉にウソをつかせて、申し訳ないと思ったもの」

「…ごめん」

「謝らないでよ」

優佳の笑みが消える。

辰哉は、昨夜タクシーを降りたあとに抱いた後悔について話すことにした。

「なんか、咄嗟にウソをついたせいで『夜の仕事』に偏見があるみたいになった気がして…それについても申し訳ないと思っている。

俺は本当に、なにも気にしてないから。今こうして優佳が俺と付き合ってくれて、それだけで幸せだから」

辰哉を見つめていた優佳が、ぷっと吹き出す。

「辰哉って真面目すぎ」

寂しさのない、いつもの優佳の笑顔だ。辰哉もつられて笑った。

優佳の笑顔があれば、この先どんなことが起きても乗り越えられる。

3年でも30年でも300年でも優佳と一緒にいたいと、辰哉は願った。


▶前回:10回デートをしても、手を出してこない男。悶々とした女は、ある行動に出る…

▶1話目はこちら:港区女子を辞め、運転手に転職した美女。きっかけは?

▶Next:10月7日 金曜更新予定
その美女は深夜、クズ男に呼び出されて舞香のタクシーに乗った。


TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル