top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

新谷ゆづみ、細田佳央太主演映画『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』出演決定

Real Sound

『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』©︎映画「ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい」

 2023年春に公開される細田佳央太主演映画『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』に新谷ゆづみが出演することが決定した。

【写真】新谷ゆづみ登場カット

 本作は、『21世紀の女の子』の一篇『projection』(主演:伊藤沙莉)や『眠る虫』の金子由里奈が監督を務め、大前粟生の同名小説を映像化したもの。金子監督にとっては「商業での長編デビューをするならこの作品」と熱望していた原作の映画化となる。

 大学の「ぬいぐるみサークル」を舞台に、”男らしさ”“女らしさ”のノリが苦手な大学生・七森、七森と心を通わす麦戸、そして彼らを取り巻く人々を描く。細田が『町田くんの世界』以来となる映画作品での主演を務めるほか、『いとみち』の駒井蓮が出演する。

 新谷が演じるのは、物語の鍵を握る白城ゆい。あわせて、ぬいぐるみに囲まれた細田、駒井、新谷の3人が並ぶ写真と新谷の場面写真の2点が公開された。

広告の後にも続きます

■新谷ゆづみ コメント

ぬいサーのみんなの優しさ触れるたび、どこか胸が痛み、後に温かい感情が生まれました。
一人ひとりに優しさの形があって、正解も不正解もない、ただみんな真っ直ぐに優しい。
ですが、ただ優しいだけでは上手くいかない時があって、それを分かっているのが白城だと思っています。向き合いながら話をすること、やさしさってなんだろう、改めて考えされられたキッカケとなりました。

(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル