top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ウクライナ発アニメ映画の支援募るクラファン開始、監督コメント&予告到着

ナタリー(映画)

ウクライナ発アニメ映画の支援募るクラファン開始、監督コメント&予告到着

Elles Filmsがウクライナのアニメーション映画「The Stolen Princess(英題)」を日本国内で配給することが明らかに。日本語吹替版の制作も決定し、全国規模での公開を目指したクラウドファンディングがMotionGalleryでスタートした。

【この記事の画像・動画(全2件)をもっと見る】

アニメーションスタジオ・Animagradによって制作された本作は、売れない俳優ルスランと王女ミラの身分違いの恋と、悪の魔法使いに立ち向かう2人の姿を描いたファンタジー。互いの素性を知らぬまま出会い恋に落ちたルスランとミラだったが、かつて正義の魔法使いフィンを打ち破った悪の魔法使いチェルノモールが彼女を連れ去り、ミラの愛の力を自分の魔力に変えてしまう。そして、ルスランは愛するミラを助け出すため、魔法の国へ旅立つ。

このたび監督オレ・マラムシュのメッセージと本作の予告編で構成された動画がYouTubeで公開に。マラムシュは「皆さまと一緒に本作を観る機会があることを願っています」と語っている。

本作を配給するためにElles Filmsを設立した代表の粉川なつみは「ロシアによるウクライナ侵攻を報道で目にするたび、もっと手を差し伸べられないか。私だからこそできる支援はないか──。日本で日々平和に暮らす自分へのもどかしさの中で、その思いはますます強くなっていきました」と述べ、「そんな時に出会ったのが本作です。以前と比べ、戦況がニュースに取り上げられなくなってきた今日、日本人の記憶から風化していくのを止めるためにも絶対にこの映画を日本で配給しなければならないと思いました」とコメント。そして「日本語吹替版を制作することで、この映画を通してウクライナ侵攻の現状を大人だけでなく子供たちにも知ってもらうきっかけに、また世界中で起こっている紛争問題にも目を向ける機会になってもらえたらと考えております」とつづった。

広告の後にも続きます

なおクラウドファンディングの目標金額は1700万円で、リターンとして、支援者限定試写会の開催や日本語吹替体験などを実施。本作の収益はAnimagradに分配するほか、ウクライナ政府とInternational Coalition for Filmmakers at Riskに5%ずつ贈る予定だ。詳細はMotionGalleryで確認を。

「The Stolen Princess(英題)」 監督・オレ・マラムシュのコメントと予告の再生はこちら

粉川なつみ コメント

ロシアによるウクライナ侵攻を報道で目にするたび、もっと手を差し伸べられないか。私だからこそできる支援はないか──。日本で日々平和に暮らす自分へのもどかしさの中で、その思いはますます強くなっていきました。
そんな時に出会ったのが本作です。以前と比べ、戦況がニュースに取り上げられなくなってきた今日、日本人の記憶から風化していくのを止めるためにも絶対にこの映画を日本で配給しなければならないと思いました。なぜなら、少しでも多くの方に本作を観ていただくことが、映画業界で働いてきた私だからこそできる、ウクライナへの貢献になると考えていたからです。日本語吹替版を制作することで、この映画を通してウクライナ侵攻の現状を大人だけでなく子供たちにも知ってもらうきっかけに、また世界中で起こっている紛争問題にも目を向ける機会になってもらえたらと考えております。
日本で初めてとなるウクライナアニメーション映画の劇場公開に向けて、未知の領域への挑戦となりますが、ウクライナやウクライナの映画業界への貢献となるよう奮闘しますので、ぜひお力添えください。

(c)2018, SSVG EAST FUND INVESTMENT LIMITED© 2018, “ANIMAGRAD” LTD© 2018, Ukrainian State Film Agency

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル