top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

グーグルの海外向けクラウドゲーミング「Stadia」サービス終了発表―想定より利用者が増えず

Game*Spark

グーグルの海外向けクラウドゲーミング「Stadia」サービス終了発表―想定より利用者が増えず

グーグルは海外向けに展開してきたクラウドゲーミング「Stadia」のサービスを、2023年1月18日に終了すると発表しました。

想定した程のプレイヤー数に至らず終了が決定
「Stadia」は、海外向けに2019年11月19日より開始された、ゲーム本体データのインストールの必要が無い、クラウドサーバー経由でゲームプレイが楽しめる月額制のサブスクリプションと個別にゲームソフトやDLCの購入に対応するストリーミングサービス。ウェブブラウザGoogle Chrome、Stadiaアプリのインストールされた、PCやChromeOS端末、Androidスマホなどで利用が可能とされ、最大4K解像度、60fps、HDRなどの対応も謳われていました。

この度、グーグルのヴァイスプレジデントとゼネラルマネージャーを務めるフィル・ハリソン氏の名義で「Stadia」のサービスが海外時間2023年1月18日に終了すると明らかにされました。終了の理由として、想定した程にはユーザーの支持を得られなかったことが挙げられています。

サービス終了に伴い、グーグルストアで購入した全ての「Stadia」ハードウェアおよび、個別に購入したゲームやDLCの返金を、2023年1月中旬までに完了する見込みとのこと。Stadiaに使用された技術は、YouTubeやGoogle Play、ARなどへの応用の可能性が模索されていくことが伝えられています。


TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル