top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

薬剤師ライフシムRPG『Potion Permit』コンソール向け国内版が発売延期―9月22日から2022年中へ

Game*Spark

薬剤師ライフシムRPG『Potion Permit』コンソール向け国内版が発売延期―9月22日から2022年中へ

国内パブリッシャーPhoenixxは、MassHive Mediaが手掛ける薬剤師ライフシミュレーションRPG『Potion Permit』PS5/PS4/ニンテンドースイッチ向け国内版の発売を9月22日から2022年中に延期したと発表しました。

本作は、自由なスローライフが楽しめるカラフルなシミュレーションRPG。プレイヤーは、伝統的な治療法を守ってきた村「ムーンベリー」に派遣された薬剤師として、病気や体調不良になった村人たちを最新の錬金術を駆使して診察したり、特効薬の素材を集めて治療していきます。

村人たちの看病だけでなく、治療薬の素材を集めるためにワールド内を自由に探索していきますが、時には周辺をうろつくモンスターとリアルタイムの戦闘をしたり、ハンマーや斧などの武器をアップグレードしたり、薬を調合して自身の強化や敵をデバフする様々な調合薬を作成したりできるようです。そして、住民との関係が良くなることで町の建物の改善や周辺エリアのさらなる探索が可能となります。ムーンベリーには魅力的な場所がたくさんあり、酒場で休憩をしたり、晩御飯調達のために釣りをすることも可能です。

薬剤師ライムシム『Potion Permit』PS5/PS4/ニンテンドースイッチ向け国内版は2022年中に延期となり、具体的な発売日は決まり次第アナウンスされるとのことです。なお、PC(Steam、Epic Games ストア)/海外PS5/PS4/海外Xbox One/Xbox Series X|S/海外ニンテンドースイッチ向けには9月22日より配信中です。




TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル