top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

香取慎吾 VS 岸井ゆきの、一触即発の“開戦”シーンを解禁 映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』本編映像を一部公開

SPICE

映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』より (C)2022 “犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS


公開中の映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』から、本編映像の一部が新たに解禁された。

『犬も食わねどチャーリーは笑う』は、『凪待ち』以来3年ぶりの映画出演を果たす香取慎吾を主演に迎えた作品。香取と初共演する岸井ゆきのがヒロイン役をつとめ、市井昌秀監督(『台風家族』など)が自身のオリジナル脚本をもとに映画化したものだ。そのほか、井之脇海、的場浩司、眞島秀和、きたろう、浅田美代子らがキャストに名を連ねている。本作で描かれるのは、結婚4年目を迎える田村裕次郎(香取慎吾)と日和(ひより/岸井ゆきの)の物語。表向きは仲良し夫婦の二人だったが、日和がこっそり投稿していた SNS「旦那デスノート」をきっかけに、少しずつ小さなすれ違いがつまびらかになっていく。

新たに公開された本編映像は、裕次郎(香取慎吾)が、日和(岸井ゆきの)の「旦那デスノート」への投稿を読み、ふたりの関係が一触即発となる場面を切り取ったもの。裕次郎が「良いご身分ですね。残業と称して浮気ですか。ベタな不倫ドラマみたいで反吐が出そうです」など、辛辣な言葉が並ぶ投稿を読み進めて行く。さらに「離婚」の2文字を目にし、耐えられなくなった裕次郎は、「どういうことだよこれ!」「こんなひどいこと書いといてよくいつも笑ってられるよな!」とついに日和に詰め寄る。しかし、日和は書き込みがバレたことにも顔色一つ変えず、「こんなこと書いてるから笑えてんのよ」と冷めた口調で返す。「どうせいいねとか貰えて良い気になってんだろ?」との裕次郎の発言にも、日和は「そうだよ。いいねもらえて嬉しかった。こんな汚い書き込みしてる私をみんなが肯定してくれるんだよ」と反論。溜まりに溜まった鬱憤をぶちまけ、ふたりのバトルがスタートするのだった。

『犬も食わねどチャーリーは笑う』は公開中。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル