top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

古代マヤの都市は危険なほど水銀に汚染されていた

カラパイア


 古代マヤ文明というと、自然と調和のとれたスピリチュアルな暮らしを営んでいたというイメージを持つ人もいるだろう。だが、もしかしたら彼らは公害で苦しんでいたのかもしれない。

 オーストラリアとアメリカ、イギリスの国際研究グループが、マヤの遺跡の土を調べたところ、かなりの水銀汚染が広まっていることが明らかになった。

 『Frontiers in Environmental Science』(2022年9月23日付)に掲載された研究によると、古代マヤの古典期(250~1100年)では、塗料をはじめとする水銀を含んだ製品がよく使用されており、これが汚染源だと考えられるそうだ。

 その汚染レベルは、下手をすると現代の考古学者にすら健康被害が出るほどであるとのことだ。

マヤの遺跡で高い水銀汚染を確認

 今回、オーストラリア・カトリック大学やシンシナティ大学などのグループは、これまで古代マヤ遺跡で検査されてきた土壌の水銀汚染レベルに関する全データを調査した。

 対象となったのは、メキシコ(チュンチュクミル)、ベリーズ(マルコ・ゴンサレス、チャンビ、アクトゥンカン)、グアテマラ(ラ・コロナ、ティカル、ペテン・イツァ、ピエドラス・ネグラス、カンクエン)、ホンジュラス(パルマレホ)、エル・サルバドル(セレン)といった各地の古代マヤ遺跡だ。

 その結果、チャンビを除くすべての遺跡で、かなりの水銀汚染が確認されたという。

 その濃度は0.016ppm(アクトゥンカン)から17.16ppm(ティカル)まで。遺跡によっては、水銀の毒性基準(本研究では1ppmとしている)を大きく上回るところもあり、マヤ文明がかなり水銀に毒されていたことがわかる。

photo by Pixabay

古代マヤ人は水銀のヘービーユーザーだった

 なぜ古代マヤの遺跡はこれほど水銀に汚染されているのだろうか?

 研究グループは、いくつかのマヤ遺跡で水銀を密閉した容器が発掘されていると指摘する。

 水銀は主に辰砂(しんしゃ。鉱物の一種)から作られたもので、これを原料とする塗料で塗られた物も見つかっているという。

 古代マヤでは、装飾用に辰砂や水銀入り塗料や粉末ががよく使われていたと考えられる。だとすると、そうした水銀が床・壁・陶器などから染み出して、土や水に入り込んだのではと、研究グループは推測する。
マヤでは、物に”気(ch’ulel)”が宿るとされ、それは血も同様でした。だから辰砂で作られる鮮血色の塗料は、神聖なものとして珍重されました。

でもそれが命に関わるとは知られておらず、マヤの遺跡は今も土が汚染されたままです(シンシナティ大学 ニコラス・ダニング博士)
 なお、マヤの大部分は石灰岩でおおわれており、水銀があまり採れない。

 そのためマヤ遺跡で発見された水銀や辰砂は、北部や南部で採掘されたものが、都市に輸入されたと推測されている。

photo by Pixabay

古代マヤの人々は、水銀中毒で苦しんでいた可能性

 水銀は人体にとっては有害な物質だ。慢性的な水銀中毒になると、中枢神経や肝臓などさまざまな臓器が冒され、震え、視覚・聴覚障害、麻痺、精神疾患といった障害を引き起こす。

 実際、マヤの人々は水銀中毒で苦しんでいたフシがある。

 たとえば、マヤの大都市ティカル(世界遺産としても有名)の末期に支配者となったダーク・サン(Dark Sun)を描いたフレスコ画がある。

 興味深いことに、その姿は病的なまでの肥満体だ。これは慢性的な水銀中毒によるメタボリッククシンドロームの影響である可能性があるという。

ダーク・サンが描かれた遺物 / image credit:Simon Burchell / WIKI commons

 こうした水銀汚染が、個人レベルではなく、マヤの社会・経済全般にどのような影響を及ぼしたのか解き明かすには、さらなる研究が必要になるとのことだ。

References:Ancient Maya cities were dangerously contaminated with mercury / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル