top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ダウ90000の初冠ドラマが「テンポ感が心地良かった!」と話題

TVerプラス


新進気鋭の演劇・コントユニットの男女8人組、ダウ90000(道上珠妃、吉原怜那、中島百依子、忽那文香、上原佑太、園田祥太、飯原僚也、蓮見翔)と勝村政信が出演したドラマ『ダウ90000 深夜1時の内風呂で』(フジテレビ)が、9月28日に放送された。

このドラマは、とある旅館を訪れた大学生のサークルのメンバーたちの間で起こる、なんでもなくて、気まずくて甘酸っぱい一夜の出来事を描いた、これまでにない新感覚コメディドラマ。ダウ90000にとっては初冠ドラマでもある。

ある日、旅行に来たのは6人組の大学生。いつもは7人組のサークルの同期だが今回は珠妃が別件で用があると言い欠席。6人が旅館の前で写真を撮っていると、背後にサングラスを掛けた男性(勝村)がおり写真を撮ってもらうことに。お礼を言い、その場を去ったのだがしばらくして男性陣が旅館の温泉に入ると、そこには先ほどの男性が。

男性は内風呂で勢いよくバタフライをしていたのだ。衝撃的な姿を見て男性陣は思わず絶句。露天風呂に行き、上原が「自分のお父さんが風呂で泳いでたらめちゃくちゃ嫌だよね、すげー恥ずかしい」と言いながら振り向くと、目の前にその男性が。上原は大慌てで露天風呂を出る。

ところがこの男性は珠妃の父親。珠妃は父親と旅行に来たのだ。これが判明したことで、珠妃に思いを寄せている上原はショックを受けてしまう。なかなか動き出せない上原だったが、怜那に「珠妃、海外行っちゃうんだよ」と聞かされた上原は、珠妃の元へ急ぎ……。

SNS上では「掛け合いがめちゃくちゃ面白かった!」「じんわり心が温かくなった!」「テンポ感が心地良かった!」との声があがっていた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル