top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「マリアズハートが能力全開」

アサ芸プラス

 残暑に身悶えしている今日この頃だが、10月を迎える今週、秋の中山開催の最後を飾るのは、恒例のGIスプリンターズSだ。

 芝1200メートルで行われる電撃の6ハロン戦は、これまで数々のドラマを生んできた。世界のトップに躍り出た傑出したスピード馬も何頭かおり、国際的にも高く評価されているGI戦。今年もスプリント戦に初挑戦するシュネルマイスター(NHKマイルC勝ち。マイルCS、安田記念僅差2着)を筆頭として、スピード自慢がズラリと居並ぶ豪華版である。

 いずれの馬が頂点に立つか、目を離せない熱戦が繰り広げられることと思うが、とにもかくにも一筋縄では決まるまい。台風などで雨が多かった秋の中山開催だが、馬場が荒れてきた最終週、直線に坂があることもあり、スピードだけで押し切れるかどうか。そのあたりが微妙に影響しそうでもある。

 まずは過去のデータを見てみよう。02年に馬単が導入されて以降、これまでの20年間、その馬単での万馬券は4回(馬連は1回のみ)。であれば比較的穏やかな配当で決まっているように思えるが、この間、1番人気馬は8勝(2着3回)、2番人気馬は2勝(2着8回)、1、2番人気馬によるワンツー決着は3回しかない。やはり順当な決着をみることは少なく、いわば中穴傾向のGI戦ととらえてよさそうだ。

 年齢的には他の重賞同様、素質開花した4歳馬、充実著しい5歳馬の活躍ぶりが目立っているが、古豪の6歳馬も5勝(2着1回)と侮ってはいけない。

広告の後にも続きます

 また、怖いのは3歳馬。出走してくることはそう多いとは言えないが、昨年ピクシーナイトが勝利したように、よく上位争いを演じており、2勝(2着1回)をあげている。今年で言えばウインマーベルナムラクレアなどは要注意馬と言えるだろう。

 悩むところだが、最も期待を寄せてみたいのは、マリアズハートだ。

 6歳馬は侮れないと前述したが、最右翼とみられるシュネルマイスターは安田記念以来のレースであり、また6ハロン戦は初めて。そのへんに一抹の不安があることを思えば、経験豊かなこの馬の出番があってよく、チャンスありとみてイチオシしたい。

 人気薄であることも穴党としては大いに食指が動くが、実際、芝6ハロン戦の実績はなかなか。しかも中山でのそれは〈3 3 0 2〉。連対を外した2回は、休み明けで勝った次のレースで大幅な体重減が影響したものと、最内枠を引いたことが災いして、道中、進路をふさがれたことによるもの。

 いわば敗因がはっきりしているわけで、この馬にとって中山の芝1200メートル戦は、能力を全開できる格好の舞台なのだ。狙わない手はなかろう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル