top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

栄養豊富でもレバーは苦手……どうすれば食べられる?

アサジョ

 健康のために日頃から栄養価の高いレバーを食生活に取り入れたいけれど、「どうも独特な食感と味、ニオイが苦手で……」という人は多いのでは? そんなレバー、ちょっとした工夫で美味しく食べられるんですよ。

 例えば、市販の焼肉のタレで食べたり、牛乳に生肉を一定時間つけておいて臭みを取ったり、レバーペーストにしたりと、いろんな方法があります。ハンバーグなどに入れ込んでしまうというのもひとつの方法です。

 ところでこのレバー、幼い頃から食事に取り入れていれば、大人になってもスムーズに食べられたかもしれません。今では、ベビーフードにレバーを使った商品があります。

 それが、和光堂の「レバー入りマーボー豆腐」や「レバーと野菜のうま煮」、キユーピーの「こだわりのひとさじ 鶏レバーと緑黄色野菜(1/2日の鉄分入り)」などです。子どもでも美味しく食べられるように作られているので、幼少期からレバーに親しむことができそうです。

 レバーは栄養の宝庫といわれています。ぜひ美味しく食べられる工夫をしてみてはいかがでしょうか。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル