top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「同性結婚なんて気持ち悪い事は大反対!」自民党所属県議のコメントが物議

アサ芸Biz

 自民党所属の愛知県県議・渡辺昇氏(54)が、Facebook上で「同性婚」に対し差別的なコメントを投稿した。差別的発言はTwitterなどのSNS上で拡散され、大きな批判を呼んでいる。

 9月25日、キューバで同性婚や養子縁組、代理母出産などを盛り込んだ家族法案の賛否を問う国民投票が行われた。結果は圧倒的多数の賛成で承認。キューバでは同性婚とパートナーシップ制度が合法化されたのだ。

 渡辺氏の問題発言騒動の発端は、このキューバでの同性婚合法化のニュースだった。あるFacebookユーザーが、このニュース記事を引用した上で、「キューバで同性婚が認められました。日本はいつですか?明日でもいいですよ。」とFacebook上に投稿。すると渡辺氏は「キューバはキューバです。同性結婚なんて気持ち悪い事は大反対!」と、この投稿に返信する形でコメントしていた。

 現在、当該投稿は削除されたものの、スクリーンショットに収められた差別的発言はSNS上で拡散され続けている。渡辺氏の発言に対し、SNS上では《『気持ち悪い』というのは言葉の暴力。どれだけ当事者が傷つけられるか考えてほしい》《そう思うのは自由なのに、どうしてSNSで発信してしまうんだ》《県議という立場でよくこんな発言できるね》《めちゃくちゃ心が痛くなった。差別しないで》と、バッシングが巻き起こっている。

広告の後にも続きます

 渡辺氏は過去にも同ユーザーによる「未届は同性のカップルは使えません。2人で築いた財産も家も相続できません。法律婚したい人には一律でその権利を認めるべきです」という主張に対し、「同性婚は日本では法的に認められておらず論外です!」と返信しており、この件を知るネット民の間では《またか…》と呆れた声も聞かれる。

 制度案の反対を主張するのであれば、当事者を傷つける言葉で罵倒するのではなく、理屈で説明してほしいものだ。

(浜野ふみ)

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

TOPICS

ジャンル