top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

郡山市「京香 すき焼、しゃぶしゃぶ」で「和食×日本ワイン 2022」開催

ワイン王国

福島県郡山市の「京香 すき焼、しゃぶしゃぶ」で10月、「にっぽんを味わう 和食×日本ワイン 2022」が開催される。日本ワイン『ソラリス』シリーズ(マンズワイン)の5アイテムと、秋の特別コース料理のペアリングが楽しめる。

「ワイン樽燻製 極上ローストビーフ」×『ソラリス 東山 カベルネ・ソーヴィニョン』
和だしに漬け込んだ極上のローストビーフを、『ソラリス 東山 カベルネ・ソーヴィニョン』がたっぷりと染み込んだ樽でやさしく燻した料理。ワインの豊かで滑らかなタンニンが、極上ローストビーフの溢れ出る旨味に溶け込み、魅惑的な旋律を奏でる。

[ 関連記事を読む – 日本ワイン ]

「無花果のワインすき焼」×『ソラリス 千曲川メルロー ビオロジック 2017年』
香りを立たせたゴボウに無花果(いちじく)、福島牛を加えて、秘伝の割り下とワインで一気に焼き上げる、ワイン会限定の1品。無花果の上品な甘味とワインの酸味、ほのかな渋味が加わり、心地いい旨味が口いっぱいに広がる。大地の旨味と香りが豊かな秋のすき焼には、生き生きとした生命力が溢れる『ソラリス 千曲川メルロー ビオロジック 2017年』をセレクト。

広告の後にも続きます

「松茸すき焼」×『ソラリス 千曲川メルロー ビオロジック 2017年』
蒸し焼きにした松茸とゴボウの旨味が割り下と相まって、福島牛の旨味をさらに引き出す。『ソラリス 千曲川メルロー ビオロジック 2017年』の純粋でストレートな果実味が、松茸すき焼を一段と華やかな味わいに。

「すっぽん青竹蒸」×『甲州 bamboo バンブー』
じっくりとだしをとり、濃厚かつ上品に仕上げたすっぽんスープを、内側だけ軽くローストした青竹でやさしく蒸し上げた。『甲州 bamboo バンブー』のしなやかな酸味と程よい苦味、穏やかな果実味が、すっぽんスープにやさしく寄り添う。

開催概要

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル