top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

デビュー2年9カ月の海和択弥がライバル八須拳太郎から悲願のシングル初勝利。「もっと2人で上を目指して、すげぇ試合をやろうぜ」【Growth9】

TOKYO HEADLINE

 バリアフリープロレスHEROの運営を行うGPSが主催する「Growth9」が9月28日、東京・浅草花劇場で開催され、40歳で遅咲きデビューした“苦労人”の海和択弥(HERO)がライバル八須拳太郎(P.P.P TOKYO)を破り、デビュー2年9カ月にして悲願のシングル初勝利を挙げた。

 2019年12月25日に新木場1stRINGで行われた「Growth」での田中稔戦でデビューした海和は、なかなか白星に恵まれず。今年4月29日、神奈川・ポスト・ディ・アミスタッドでの「GPS HOUSE SHOW vol.3」でタッグマッチながら、ワイルドZEROから自力初勝利をマークした。

 その後、6月25日、アミスタでのタッグマッチ(後藤恵介、海和vs大谷譲二、八須)でP.P.P軍と初対戦し、大谷が海和に勝利。HEROの7月30日、新木場で同一カードで対戦し、八須が海和に勝ったが、試合後、海和が八須とのシングル戦を要求し、今回の一騎打ちが実現した。

 八須は持ち前のパワーあふれるチョップ、エルボーを繰り出せば、海和もエルボー連打で一歩も引かず。八須のスリーパーを脱出した海和はチョップ連打、ミサイルキック、逆エビ固めで攻め立てた。八須も負けじとバックフリップ、スピア、飛びつき式ブルドッキングヘッドロックで猛攻。それをしのいだ海和はダイビングタックル、フルネルソンバスター、背部へのフロッグスプラッシュを敢行。そして、海型ど根性デスロックから海型ど根性デスロック.改へと移行してギブアップを奪い歓喜の勝利。試合後、互いを認め合った2人はガッチリ握手を交わして一緒に退場した。

 バックステージで八須は「勝つつもりで来たんですけど、背中への攻撃で大ダメージを受けて、最後ギブアップしてしまいました。海和選手は40歳でデビューして、僕は30歳でデビューして、似たところがあったので。ようやく戦えて、次やるときがあったら、勝てるように頑張りたいと思います」とコメント。

広告の後にも続きます

 海和は「今日は一に結果、二に結果、三に結果、四に結果、五に結果、それしか考えてなかったんで。このシングル決まってから、ずっと寝る間も惜しんで八須のことばかり考えてた。研究してたけど、俺の研究にない技ばっかりで、八須すげぇよ。でも、どうしてもあきらめるわけにはいかなかった。デビューしたのがGrowthで、尊敬してる方(惡斗)の最後のリングアナで負けるわけにはいかなかった。今日の対戦相手が八須でよかった。俺はもっとすごくなって、次やったときはもっとすごい試合ができる。もっと2人で上を目指して、すげぇ試合をやろうぜ。今後は組んでもいいし、対戦してもいい」と熱く語った。

GPS主催「Growth9」(9月28日、東京・花やしき内浅草花劇場) ◆第1試合 20分1本勝負 〇大谷譲二(7分26秒、エビ固め)清水来人● ◆第2試合 20分1本勝負 〇TORU(9分42秒、体固め)仲川翔大● ※垂直落下式ブレーンバスター ◆第3試合 20分1本勝負 〇海和択弥(13分20秒、海型ど根性デスロック.改)八須拳太郎● ◆第4試合 20分1本勝負 〇ワイルド・ベアー(6分56秒、バックドロップホールド)スーパークラフターU● ◆第5試合 20分1本勝負 〇長井満也(16分40秒、片エビ固め)橋之介● ※雪崩式キャプチュード ◆第6試合 20分1本勝負 〇土方隆司(12分45秒、体固め)後藤恵介● ※フィッシャーマンバスター

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル