top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

人々が山積みになる中で一人ポツンと立ちすくむ男 「バルド、偽りの記録と一握りの真実」予告

映画スクエア

 12月16日よりNetflixで独占配信される、「バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)」「レヴェナント:蘇えりし者」でアカデミー賞監督賞に輝いたアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督最新作「バルド、偽りの記録と一握りの真実」の、予告編が公開された。

 「バルド、偽りの記録と一握りの真実」は、ある男の壮大な心の旅路をテーマにした、イニャリトゥ監督の自叙伝的なノスタルジック・コメディ。ロサンゼルスを拠点に活躍する著名なジャーナリスト兼ドキュメンタリー映画製作者の主人公シルベリオ・ガマ(ダニエル・ヒメネス・カチョ)は、国際的な賞を受賞することが決まり、母国であるメキシコへと旅立つ。シルベリオは、母国へ帰る何でもないはずの旅の中で、自らの内面や家族との関係、そして自らが犯した愚かすぎる過去などの問題と向き合いながら、生きる意味を見つけていく。

 公開された予告編では、シルベリオが自らの過去などの問題の答えを求めて、思いを巡らせる様子が描かれている。生まれたての子供、舞台に立って何かを叫ぶシルベリオ、人々が山積みになる中で一人ポツンと立ちすくむ姿など、現実世界なのか空想世界なのか判然としない独特の世界観で描かれた映像となっている。

 イニャリトゥ監督は、「数年前から私は自分の過去を遡ってみたり、内側から探索したりするようになりました。どの道も捉えどころがなく、まるで迷路のようです。前もってお伝えしておくと、私は今でも自分の過去に絶対的な真実を見つけることはできていません。ただ、そこには現実と想像の間の旅、つまり"夢"があるだけです。夢は、映画と同じように、リアルに見えても真実ではありません。本作は、その境界が判然としない2つの幻影の間における旅の記録です」と語り、監督自身が試みた過去の自分と向き合う経験が、本作のテーマとして落とし込まれていることを明かしている。

 本年度のヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に選出された本作は、第35回東京国際映画祭のガラ・セレクション部門で上映されることも決定しており、11月より一部劇場でも公開される。

広告の後にも続きます

【作品情報】
Netflix映画『バルド、偽りの記録と一握りの真実』
2022年12月16日(金)独占配信

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル