top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“3ヵ月で逃げ出した”大鶴義丹、あこがれの“地方移住”でのしくじりを告白「何から何までこわくなった」<しくじり先生>

WEBザテレビジョン

“3ヵ月で逃げ出した”大鶴義丹、あこがれの“地方移住”でのしくじりを告白「何から何までこわくなった」<しくじり先生>

俳優の大鶴義丹が登壇した、過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが、自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(毎月第1~3金曜夜9:00-9:30、第4金曜テレビ朝日地上波放送終了後~/ABEMA SPECIALチャンネル)の9月23日の放送では、リモートワーク増加の影響もあり、地方移住者が急増している今、大鶴先生があこがれの“地方移住”で失敗した経験を明かし、自身のしくじりを教材に“地方移住で失敗しないための授業”を行った。

授業オープニング、「地方移住するも、わずか3ヵ月で東京に逃げ帰った」と自身のしくじりを明かした大鶴先生は、2017年7月から、芸能人が地方移住を体験するテレビ番組の企画に参加し、家族を東京に残して、単身で移住を試みたものの、移住先での想像を越えた環境やハプニングにまったく適応することができず、わずか3ヵ月「冬の足音が聞こえたところで、番組を逃げ出してしまった」と懺悔した。

そこで今回の授業では、大鶴先生の失敗をふり返りながら、どうすれば夢の田舎生活を実現することができるのか、その秘訣を学んでいった。

■「地方移住するも、わずか3ヵ月で東京に逃げ帰った」

北海道美瑛町にある、“東京ドーム1.5倍の敷地のなかにある家”を移住先に決めた大鶴先生は、「アウトドアから遊びから、すベてがつまってると思った。美瑛町の風景を見ると、一生、住んでもいいんじゃないかという気持ちになるくらいでした」と移住当初の心境をふり返った。

新天地での生活も徐々に慣れはじめてきた頃、“夕陽をながめながら一杯やろう”とビールを1本、2本と空け、夕景を味わっていた先生だったが、夜になって外に出たところ、“暗すぎて自分の手が見えない!”という状況に陥ってしまう。「(陽が沈んだ瞬間に)森というのは魔界となる」「やっぱり森は違いました。キャンプ場とかとはレベルが違う」と力説した先生は、そのときあわてて懐中電灯を持ち、外へと飛び出して、“体長約12センチの巨大な蛾が懐中電灯に大集合”という事態にも見舞われたと続け、「(蛾の大きさを)イメージで言うと、単行本ぐらい」との表現に、教室では笑いが起こっていた。

■「地下室がこわかった」

そして、そんな日々が続くなか、自身の身に“五感が研ぎ澄まされ、なかったはずの霊感が目覚める”という変化が起きたと語った先生に、生徒たちは「やばいじゃん!」「おもしろ!」と爆笑する。

先生は、「キツネとかたまに現れるんですが、現れる前から“キツネ、来るんじゃないかな”とわかる」と語り、「初めての大自然の生活のなかで、独りだったこともあり、ものすごく感覚が研ぎ澄まされた」とふり返った。

また当時、あらゆるものに敏感になっていた先生は、「地下室がこわかった」「2階がきしんだり、風で木がゆれたり、ちょっとしたことでピクッとするようになった」「何から何までこわくなって、最終的には、全部の部屋へ行くのがこわくなって、台所とソファでしか生活していなかった」と打ち明けた。

その後、恐怖心をまぎらわせるために酒に走り、深酒で体調をこわしてしまったと明かした先生は、これまでの恐怖体験から学んだ“移住する前にするべきこと”の発表に、生徒たちも「なるほど」「これは、ぜったいだと思う」と納得していた。

加えて、気づけば“自然とまったく触れあわない引きこもり生活”になっていたと明かした場面や、東京へ戻ることを決意するきっかけとなった出来事など、先生が自身の甘さを痛感したというしくじり体験、大鶴先生が学んだ“地方移住を考えている人に伝えたい教訓”を告白した。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル