top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

3億円越えの価値があった61号の行方は!? 米メディアはホームランボールを落球した男性に注目「彼は一生眠れない」

THE DIGEST

3億円越えの価値があった61号の行方は!? 米メディアはホームランボールを落球した男性に注目「彼は一生眠れない」

 大きな話題を集めた“狂騒曲”が終わった。

 注目を集めているのは、現地時間9月28日に敵地で行なわれたトロント・ブルージェイズ戦にアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)が放った一発だ。3対3で迎えた7回表の第4打席に、往年の大打者ロジャー・マリスが打ち立てたアメリカン・リーグのシーズン最多記録に並ぶ61号を記録したのである。

 手厳しい相手の配球が続いたなかで、「とにかくチームの勝利が最優先」と冷静さを失わなかった30歳は、ようやく“金字塔”に並んだ。無死一塁という好機で打席に入った背番号99は、相手左腕のティム・メイザに対して8球も粘る。そして、フルカウントからほぼど真ん中に投じられた94.5マイル(約152キロ)のシンカーをレフトへ弾き返す。おそらく誰もが打った瞬間に確信した打球は、フェンスを楽々と越えていった。

 文字通り歴史的な一発に誰もが酔いしれるなかで、やはり気になったのは“記念球”の行方だ。米メディア『Fox Business』の試算で約250万ドル(約3億6000万円)の価値があるとされた61号のホームランボールを誰が手にするかは小さくない話題となっていた。
  そして、ついに誕生した61号。はたして手にしたのは、コレクターたちではなかった。レフトスタンドの最前列に陣取った男性がグローブを出しのだが、惜しくも手にできず。手前にあるブルージェイズのブルペンに落ちたのである。

 ハイライト映像でも悔しがる男性の姿が映し出され、米メディア『Barstool Sports』も「これは惜しすぎる。この男は一生眠れないほどに悔いが残るだろう」「結局、ジャッジの61号は誰も手にしなかった。逃した男性は完全に病んでいる」と列挙した。

 では、気になるホームランボールは誰が手にしたのか。地元局『Sports Net』のレポーターであるベン・ニコルソン=スミス氏は、「僕らブルペンは共通認識として彼に返そうと思っていた」というブルージェイズの守護神であるジョーダン・ロマーノを経由して本人のもとに手渡され、最終的にジャッジの母親であるパティーさんが手にしたと伝えている。

 ちなみに『Fox Business』が計算した62号球の価値は500万ドル(約7億2000万円)と言われている。ヤンキースの残り試合が「6」となるなかで、新記録となるボールの争奪戦も熾烈を極めそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】ジャッジがようやく放った61号に「観衆は爆発」。“61年ぶりの大記録”に米識者たちも言葉を失う「オーマイガー」

【関連記事】「正気の沙汰じゃない」大谷翔平が成し遂げた“200奪三振&30HR”の快挙に米メディア驚愕!「世界の不思議だ」

【関連記事】「ジャッジは甘い球が多いから打てる」は誤り。他の誰よりも“誤審”と戦いながら三冠王も狙う凄み

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル