top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

正名僕蔵&松尾諭、吉沢亮主演『PICU』に出演 「リアリティーにしっかりこだわって」

Real Sound

左から)正名僕蔵、松尾諭

 10月10日よりフジテレビ系で放送がスタートする吉沢亮主演の月9ドラマ『PICU 小児集中治療室』に正名僕蔵と松尾諭が出演することが決定した。

参考:菊地凛子、吉沢亮主演『PICU』で月9初出演 カギ握る道知事役に「子供は全てにおいて希望」

 PICUとは、Pediatric Intensive Care Unitの略称で、小児専門の集中治療室のこと。高度かつ集中した治療が必要とされるおよそ15歳以下の子どもを対象にした、いわば“子どものためのICU”だ。舞台は北の大地、北海道。広大ゆえ「大規模なPICUの運営は極めて困難」と言われるこの地で、駆け出しの小児科医・志子田武四郎(吉沢亮)が先輩医師と共に、どんな子どもでも受け入れられるPICUを作るため、そして、1秒でも早く搬送できる医療用ジェット機の運用を実現するために奔走する姿を描いていく。

 正名が演じるのは、菅野莉央演じる河本舞の上司である小児外科科長の浮田彰。松尾は、部下の武四郎にPICUへの異動を命じる元上司である小児科科長の鈴木修を演じる。

 札幌市出身の浮田(正名僕蔵)は丘珠病院の小児外科科長。郷土愛が強く、東京の大学を卒業後、地元を守りたい一心で丘珠病院へやってきた。浮田の評判を聞きつけて手術をお願いする患者もいるほど腕の良い小児外科医だが、後輩には厳しく、河本をはじめ新米医師は浮田の指導に震えている。立ち上がったばかりのPICUが人材不足に苦しむ中、小児外科にも「看護師を出してくれ」と打診があるが、「無理に決まってるでしょう!? うちだって補充希望を出してるんだから」と、浮田は断固として応じない。どうやら、丘珠病院の中でもPICUの立ち上げは歓迎されていないようで……。

広告の後にも続きます

 一方、丘珠病院小児科科長の鈴木(松尾諭)は武四郎の元上司。事なかれ主義で「誰からも嫌われたくない」と保身に走る。あらゆることをごまかすクセがあり、誰も行きたがらないPICUに武四郎を異動させる際も、「栄転だよ! 最年少記録!」とはやし立て、偽りの笑顔で武四郎を送り出す。普段からずっといい加減な立ち振る舞いのため、医師や看護師からの評判は良くないが、温和な診察スタイルで患者からは大人気という役どころだ。

■正名僕蔵(浮田彰役)コメント
・台本を読んだ感想
とりわけ志子田先生の未熟ながらもひたむきな姿と、彼を見守る植野先生の内に秘めた情熱にほだされながら、のめり込んで読ませていただきました。

・撮影の意気込み
私がやらせていただく浮田という役名が、医療監修のお一人である浮山先生から頂戴している以上、そこはもう小児外科医のリアリティーにしっかりこだわって臨みたいと思っております。ちなみに実際に浮山先生にお会いしましたら、浮田とはまるで正反対の、とても温和かつ茶目っ気のある方で、“ああ、浮山先生にお子さんを診てもらったら親御さんはさぞかし安心だろうなあ”と思わずにはいられない先生でした。

・視聴者へメッセージ
PICUという医療現場での志子田先生や植野先生をはじめとするチームの面々の奮闘を、月曜の夜9時、固唾を飲んで見守っていただけたら幸いです。あ、でも、ほほ笑ましいエピソード
も随所にありますんで、それもひっくるめて、どうぞお楽しみに。

■松尾諭(鈴木修役)コメント
・台本を読んだ感想
僕も子どもがいますので、親の立場からするとつらいシーンもあって、結構ツッコんだ内容のドラマだなと感じました。小児救急をテーマにしていることもそうですが、北海道を舞台に選んでいるのも面白いなと思いました。

・撮影の意気込み
鈴木という人物は全てをごまかして生きているような男でして。シリアスなテーマの中で、監督からは“ちょっとしたオアシスになってほしい”と仰っていただきましたので、顔以外面白くないですが、皆様がほっこりしてくださるように演じられたらと思います。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル