top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

安藤政信が宮本茉由に接吻するモノクロ映像 『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』予告編

Real Sound

『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』©2022 『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』製作委員会 

 11月4日公開の宮本茉由主演映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

 1947年に出版され“斜陽族”と流行語にもなった太宰治の小説『斜陽』執筆から75周年を記念して映画化される本作は、故・増村保造監督の助監督であった近藤明男が監督を務め、増村と脚本家の白坂依志夫が遺した『斜陽』の草稿脚本を元に脚本を仕上げた。ヒロインのかず子を宮本、彼女が想いを寄せる売れ子作家を安藤政信が演じる。

【動画】映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』予告編

 公開された予告編では、太宰治の名言「人間は恋と革命のために生れて来たのだ」で始まり、売れっ子作家・上原(安藤政信)がヒロインのかず子(宮本茉由)に接吻するモノクロの映像で幕をあける。終戦を迎えた日本は新たな価値観で生き抜かねばならない時代を迎え、住み慣れた土地を離れ、激動の時代を懸命に生き抜くことを決意したかず子は、太宰自身が投影された上原に想いを寄せている。「俺には女房も子供もいるんだぜ」という男に、「私の生きがいはあなたを愛して子供を産むことなの」と応じるかず子ににじむのは、新たな価値観で生き抜くと決めた強い意志。予告編には、没落貴族の母・都貴子役の水野真紀、貴族の血に抗いながら麻薬と酒に逃げ破滅していく弟・直治役の奥野壮、上原行きつけの酒場の女将役の萬田久子、都貴子を診察する三宅医師役の柄本明らも登場している。

 あわせて公開となったポスタービジュアルは、屏風と障子、畳の上には絨毯がひかれた部屋で、かず子が上原と身を寄せ合う許されぬ逢瀬が捉えられている。

広告の後にも続きます

(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル