top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ちむどんどん』ついにしゃべったまもるちゃんに視聴者歓喜 暢子の同級生を懐かしむ声も

Real Sound

『ちむどんどん』写真提供=NHK

 9月29日に放送された『ちむどんどん』(NHK総合)第124話では、比嘉家の敷地内に建てられた暢子(黒島結菜)の新しい店「やんばるちむどんどん」が、ついに開店。お祝いに訪れた早苗(高田夏帆)や正男(秋元龍太郎)たちをはじめ、大勢の客に、看板メニューの「ちむどんそば定食」を無事ふるまうことができた。

参考:『ちむどんどん』草刈正雄&草刈麻有の出演で再注目 朝ドラで話題を集める“親子共演”

 3人の子どもたちを連れて現れた早苗に、SNSでは「早苗ちゃん、お母さんになってもずっとかわいい!」「美人さんだな~」という声があがり、正男の登場には「ブラジルから里帰りしたんだね」「再登場してくれて嬉しい」など、暢子の高校の同級生を懐かしむ視聴者が多かった。

 ハワイからやって来た金吾(渡辺大知)は、相変わらずの笑顔で「ラブとピースを届けに来ました」と言って、ハワイにいる最愛の妻の写真を良子(川口春奈)と博夫(山田裕貴)に見せていた。懐かしい顔ぶれがそろう中、歌子(上白石萌歌)の恩師・下地(片桐はいり)は、手紙で歌子の結婚を祝い、歌子が歌を続けていることを喜んでいると伝えたが、「下地先生にも出てほしかったな」というコメントも見られた。

 何より視聴者を驚かせたのは、「ちむどんそば定食」を食べたまもるちゃん(松原正隆)が「マーサンヤー」とつぶやいたこと。「まもるちゃんがしゃべった!」という声が一斉にあがり、これまで一言も話すことがなかったまもるちゃんの発声は、視聴者を歓喜させた模様。

広告の後にも続きます

 第124話の最後に、倒れて入院してしまった歌子。明日は最終回だが、歌子の無事を祈りながら見届けたい。(清水久美子)

TOPICS

ジャンル