top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

SUPER BEAVER、初のドキュメンタリー映像が示唆するファンやスタッフとともに歩く現在地

SPICE

SUPER BEAVER 撮影=森好弘


いきなり緊迫したライブ本番の舞台袖からスタートするリアリティ。SUPER BEAVER初のドキュメンタリー映像作品をメンバーは「いつもの自分たち」と言う。2022年3月から7月、全国20ヶ所21公演に及んだ全国ホールツアー『SUPER BEAVER「東京」Release Tour 2022〜東京ラクダストーリー〜』の密着ドキュメンタリーは今、このバンドの音楽が世代を超えて共振しているタイミングで、その理由を知ることができるサブストーリーだ。10月から年末まで続くアリーナ公演に対するスタンスも自ずと見えてきた。

渋谷龍太(Vo)


――SUPER BEAVERは比較的ツアー映像のリリースが多いと思うんですけど、今回ツアーのドキュメンタリーを残しておこうと思われたのはなぜなんですか?

渋谷龍太(Vo):まずスタッフチームから、そういうのを作ってみたいという話を提案いただいたんですね。ドキュメンタリーを残そうというのは自分達からはなかなか出ないと思うので、そういう考えは全然なかったので。だけど「裏側を伝えた方が聴いてくださる方にいろいろ伝わるんじゃない? もっと伝わることが増えるんじゃないか」ということを言っていただいたので、「じゃ!」という感じですね。

――実際ご覧になって、ライブ映像とまた違う発見はありましたか?

広告の後にも続きます

上杉研太(Ba):ライブの映像はもちろん今までも出してきましたが、あれはもうオンステージしている姿というか。たまにちょっとオフショットが入っていたりもありましたけど、今回はもう自分たちのスタンスというか、オンステージしてないとこまで全部入っていて。どういった空気感や雰囲気でメンバーでありチームであるのか、ツアーに臨んでいるのかというところまでフォーカスが当たっていると思います。でも個人的にはそうやってバンドが進んでいくのは日常的なことなので、「これがいつものSUPER BEAVERだよなあ」というような目線で見ました。そういう視点をどこまで外に発信するかというのは、バンドとしてこういう一面も見てほしいと思ってくれたチームがいたり、1年間の密着番組を作っていただいたチームのひとりが「ぜひまたやりたい」とナビゲーションの映像をつくってくれてグルーヴが生まれたり、そういった方々のおかげでできていると思います。だからこそ、現時点での自分たちが映った作品になっているのかなと思います。

――しょっぱなからツアーファイナル本編後の割と緊迫した場面から始まるじゃないですか。そして後半、アンコールも終わった楽屋にずっとカメラが回ってたので、すごいことだな、と。ずっとカメラが回っているのはディレクターとの1年間密着の経験があるから違和感がなかったんでしょうか。

上杉:まあそうですね、この作品をやる前から一緒にやっていたので。もちろん膨大なデータの中から抜粋した一割がこの作品に入っているかどうかぐらい常に回していて。「今ちょっとやめてください」という言葉が出てしまうぐらい回していましたから(笑)。まあそうあるべきだと思うんですけどね、そうじゃないとドキュメンタリーと言ってるのに変な感じになるというか。

上杉研太(Ba)


――なるほど。映像の中でも話していますけど、改めてこのドキュメントを見て、ホールツアーとはどういうものだったと思いますか?

藤原“34才”広明(Dr):4人でバンドでやっているんですけど、当たり前のことで4人だけじゃできないことなんですよね。ツアーになるとだいたい固定のスタッフと一緒に回るんですけど、機材も全部持ち回らないといけないところもあったり、それこそ舞台を0から作んないといけないとか、やっていくと本当にたくさんの方に支えてもらって、お力をお借りしてライブをやってるっていうことがツアーをホールでやると分かりやすく見えてくるんです。で、このドキュメント映像を見ていると、スタッフの方々がいろんなことされているのが見えてくるし、喋ってるのはメンバーがほとんどでも、裏方というかたくさんのスタッフの方々も含めて、一緒にこうやって1本1本のライブができてるんだよというのを、ライブに来てくれた方が見れる作品だったらいいかなと思います。そういうところを僕らは大事にやっていきたいというか、大事にしているバンドだと自分たちで思うんで、ホールのライブだとより全員の力でうまく行った時は本当に嬉しかったりするし、4人だけでやってないというのが伝わりやすいのがホールツアーなんじゃないですかね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル