top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

実写映画『⽿をすませば』清野菜名と内田理央が山田裕貴に2年半ごしの“お詫びの焼⾁”実行を呼びかける「連絡待ってます」 

SPICE

映画『⽿をすませば』ジャパンプレミアイベント


9月28日に東京・イタリア⽂化会館にて映画『⽿をすませば』のジャパンプレミアイベントが開催され、W主演の清野菜名と松坂桃李、内⽥理央、安原琉那、中川翼、荒⽊⾶⽻、住友沙来、平川雄⼀朗監督が登壇した。

『耳をすませば』は、1989年に柊あおい氏が少女コミック誌『りぼん』(集英社)で発表した青春恋愛漫画。読書が大好きな中学生の月島雫が、夢に向かって生きる天沢聖司に想いを寄せていく姿を描いた作品だ。1995年には、スタジオジブリがアニメ映画化し、地上波でもたびたび放送されてきた。新たに公開される『耳をすませば』は、同漫画を原作とした実写映画。漫画・アニメ映画で描かれた中学生時代だけでなく、10年後の物語も加えた二重構造の完全オリジナルストーリーとして描かれる。月島雫を清野菜名が、天沢聖司を松坂桃李がそれぞれ演じW主演。さらに、中学⽣時代の月島雫を安原琉那が、同じく天沢聖司を中川翼が演じる。メガホンをとるのは、『ROOKIES〜卒業〜』『約束のネバーランド』などの平川雄一朗監督。

(C)柊あおい/集英社(C)2022『⽿をすませば』製作委員会


撮影開始から2年以上の時を経て、初めてのお披露⽬となる本イベント。登壇した清野は「無事に今⽇を迎えられて本当にほっとしております。撮影が始まったのが2020年の3⽉で、終えたのが今年の5⽉。2年半という⻑い年⽉が経ったんですが、皆さんに観ていただける⽇を迎えられ、スタッフの皆さんと、今⽇を待ってくださっていた皆さんへの感謝の気持ちでいっぱいです」と映画完成の喜びと感謝を露わに。松坂も「本当に(時間が)かかりました。⼤河ドラマ2本分の想いがこの作品に詰まっています。最後まで楽しんでいってください」と挨拶した。平川監督は「皆さん2年半と⾔っていますが、この⽇を迎えられて本当に幸せだなと思います。それだけの想いが込もった作品です」と話す。

広告の後にも続きます

清野菜名


コロナ禍での度重なる撮影中断を乗り越え完成した本作。この⽇を迎えた気持ちを聞かれると、清野は「撮影が⽌まってしまった間にも他作品を撮っていたのですが、その間も雫がずっと頭のどこかにいるという2年半で、最後の撮影に臨んだ際、スタッフの皆さんも忙しいはずなのに、2年前と同じ皆さんが集まって下さっていて。2年半分の想いと現場の温かさに涙が溢れてしまいました」と感慨深そうに振り返った。また、実写化にかけた想いを問われた松坂は「この役を頂いた時は本当にプレシャーに押しつぶされそうでした。10年後の設定を聞いた時に、雫と聖司の10年後を観れることへの興味の⽅が⼤きくて、気持ちを後押ししてくれる原動⼒になりました。原作やアニメで皆さんが知っている聖司から幅を広げ、天沢聖司の新たな⼀⾯を表現できるよう⼤切に演じました」と、役作りについても振り返った。

松坂桃李


雫の友⼈・⼣⼦を演じた内⽥理央は、コロナ禍に⼊る前に撮影が終了していたために撮影の中断を⼼配していたことを振り返りながら、清野と、杉村を演じた⼭⽥裕貴との撮影についてコメント。「思い返してもすごく楽しかった。ある漫画の話をしていた時に⼭⽥くんが私たちの知らない盛⼤なネタバレをしてしまったりして、3⼈のわちゃわちゃは映画のままでした。⼭⽥くんはお詫びに焼⾁に連れて⾏くよと⾔ってくれていたので、⼭⽥さん、これを⾒ていたらぜひ連れて⾏ってください 」と、⼭⽥に呼びかけた。一方の清野も「連絡がないまま2年半も経ってしまいました。連絡待ってます︕」と続けた。

内⽥理央


中学⽣時代のメインキャラクターを演じたキャスト陣は、リハーサルを何度も重ねたという。安原は「雫と向き合う時間をたくさん作っていただいて、監督には厳しくも優しく背中を押していただきました。雫のようにいつも⼼をはずませて撮影に挑みました」と振り返る。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル