top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“花束投げ捨て”の奥野党首が“再釈明”も止まない「日本の恥」「最悪の愚行」の大合唱

女性自身

“花束投げ捨て”の奥野党首が“再釈明”も止まない「日本の恥」「最悪の愚行」の大合唱

9月25日にさいたまスーパーアリーナで開催された格闘技イベント「超RIZIN」での“花束投げ捨て”が大きな批判を浴びている「ごぼうの党」代表・奥野卓志氏(48)。

 

奥野氏は、この日開かれていたフロイド・メイウェザー選手(45)と朝倉未来選手(30)のエキシビジョンマッチで、勝者のメイウェザー選手に贈呈するはずの花束をリング上に投げ捨てたことに対して猛批判が集まっていた。

 

翌26日には「東スポWeb」の直撃に応じ、「対戦相手へのリスペクトがない。ずっとメイウェザーには良い印象がなく、5億とか10億払って、将来ある日本の選手がダシに使われているような気がしていて、疑問を感じていた」「非礼には非礼、無礼には無礼でやっただけ」などと説明したのだ。

広告の後にも続きます

 

「この記事を受けてSNS上には《公私混同はよくない。ただの言い訳にしか聞こえない》《どんな理由があろうとあの場でやるべきではないしそのやり方も大人としてどうなのか》などと、奥野氏の“説明”に対しても批判が上がりました。

 

この“花束投げ捨て”には、直後にきゃりーぱみゅぱみゅさん(29)も《胸糞悪かったですね》とツイートしたほか、ナイツの塙宣之さん(44)も、『日本の恥だな』とラジオで発言。RIZINの榊原信行CEOも即座に奥野氏の行動について謝罪する事態となりました」(スポーツ紙記者)

 

そんな奥野氏だが、9月28日に「日刊ゲンダイDIGITAL」にも登場。先日の直撃と同様の主張を繰り返した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル