top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

場内が沸いた!プロ野球ドラフト会議で起こった「サプライズ指名」選手5人

ベースボールチャンネル

場内が沸いた!プロ野球ドラフト会議で起こった「サプライズ指名」選手5人

プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 まさかの一本釣りや涙の入団拒否など、ドラフト会議ではさまざまなドラマが巻き起こる。長い歴史の中では「サプライズ」と呼ばれた指名もあり、場内が沸いた瞬間は野球ファンの印象に残っているはずだ。そこで今回は、ドラフト会議で起こったサプライズ指名選手を5人紹介する。

 

今シーズンのプロ野球はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。

 

大山悠輔


出身:茨城県
投打:右投右打
身長/体重:181cm/92kg
生年月日:1994年12月19日
ドラフト:2016年ドラフト1位
 
 現在は阪神タイガースの4番を務めることもある大山悠輔。チームに欠かせない戦力として活躍しているが、大山のキャリアは屈辱から始まったと言えるかもしれない。
 
 つくば秀英高校(茨城県)から白鴎大学に進学した大山は、1年生の春からレギュラーを獲得。強打のサードとして活躍し、大学4年の春にはリーグ戦で打率.417・8本塁打という数字を残した。大学通算で16本塁打を放ち、大学の日本代表では4番を任されるほどの選手だった。
 
 ただ、2016年のドラフトは好投手が多くいたため、「大山がドラフト1位で指名される」と考えた野球ファンは少なかっただろう。田中正義や佐々木千隼、柳裕也など有力な投手がいた中で、当時阪神の監督だった金本知憲は大山を単独で1位指名したのだ。指名が発表された瞬間、会場からは「えー」という声が漏れたことは記憶に新しい。
 

 
 それでも、大山は2年目に11本塁打で2桁本塁打を記録すると、3年目の2019年は143試合に全試合出場。1年間フルで試合に出続けた。また、2020年は28本塁打を放ち、岡本和真と最後まで本塁打王のタイトルを争った。屈辱から始まったスタートだったが、大山がプロのキャリアを終える時、タイガースファンが惜しむことは間違いないだろう。

大嶋匠


出身:群馬県
投打:右投左打
身長/体重:180cm/91kg
生年月日:1990年2月14日
ドラフト:2011年ドラフト7位
 
 ドラフト7位ながら、2011年ドラフトで大きな注目を集めたのが大嶋匠である。
 
 大嶋は、野球部ではなくソフトボール部出身だったことが大きな注目を集めた。高校は新島学園高校(群馬県)に入学。2022年もインターハイに出場し、同年の群馬県大会では準決勝・決勝でコールド勝ちを記録するなど、群馬県内では敵なしとも言える強豪校で力を磨いた。
 
 その後、早稲田大学のソフトボール部に入部した大嶋は、公式戦で13試合連続本塁打という離れ業を見せる。この活躍もあったのか、2011年のドラフトで北海道日本ハムファイターズから7位指名を受けたのだ。当の本人としては、「指名されなければ公務員を目指す」という考えがあったという。
 

広告の後にも続きます

 
 大きな話題と注目を集めてプロ入りを果たしたものの、ソフトボールと野球の違いに苦しむことも多く、大嶋は思うような成績を残せなかった。5年目の2016年こそ2軍では打率3割を超えたが、シーズン終盤にけがをして1軍への昇格はならず、同年秋に戦力外通告を受けた。なお、2022年5月時点の情報では、大嶋は高崎市役所に勤務しつつ再びソフトボールの世界に戻っている。

吉住晴斗


出身:山形県
投打:右投右打
身長/体重:185cm/80kg
生年月日:2000年3月12日
ドラフト:2017年ドラフト1位
 
 ドラフト1位で指名され注目を集めたが、最後まで1軍のマウンドに立てなかった選手が、元ソフトバンクホークスの吉住晴斗だ。
 
 山形県出身の吉住は、県内の強豪校である鶴岡東高校に進学。鶴岡東は2015・2016年と2年連続で甲子園に出場しており、2017年も甲子園の座を掴みたい吉住だったが、同じく県内の強豪校である山形中央に3回戦で敗れた。ただ、プロからは注目を集めており、吉住自身もプロ志望届を提出。
 
 2017年のドラフトで、ホークスは清宮幸太郎を1位指名。しかし、当たりクジを引くことができず、外れ1位で安田尚憲を指名したがこれも実らず。さらに馬場皐輔の抽選も外したところで、吉住を1位指名した。「ホークスの1位は誰が指名されるのか」と考えていた吉住にとっては、まさに寝耳に水だっただろう。
 

 
 期待を受けてプロ入りした吉住は、2019年にフレッシュオールスターゲームに出場。3者連続三振を奪うなど、将来を期待できる投球を見せた。しかし、1軍登板は叶わず2020年オフに戦力外通告。2021年からは育成選手となったものの、再び戦力外通告を受けて現役を引退した。

坂本勇人(唐津商業)


出身:佐賀県
投打:右投右打
身長/体重:177cm/84kg
生年月日:2002年4月15日
ドラフト:2020年育成選手ドラフト6位
 
 ジャイアンツのショートで活躍する坂本勇人と同姓同名であることから、指名時にはさまざまな話題を呼んだ坂本勇人。今回紹介するのは唐津商業高校(佐賀県)出身の坂本勇人である。
 
 唐津市生まれで唐津商業高校に入学した坂本は、1年生の夏からベンチ入りを果たす。当初は内野手だったが、1年生の秋からキャッチャーに転向した。肩の強さに加え、高校通算で16本塁打を放った強打も注目されたものの、甲子園に出場することはできなかった。
 
 そして迎えた2020年のドラフト会議、支配下契約ではなかったがジャイアンツから育成ドラフト6巡目で指名を受ける。当時ジャイアンツの2軍監督だった阿部慎之助は、指名した瞬間に笑顔を見せていた。
 

 
 坂本自身、ジャイアンツの柱である坂本勇人と比較されることが多く、苦しい時期もあったという。しかし、まずはプロ入りを実現させたことで、いずれはジャイアンツのスタメンに2人の坂本勇人が名を連ねる可能性もあるだろう。2022年は2軍での出場試合が5試合(2022/09/28時点)となっているため、まずは2軍で試合に出ることを増やしたい。

辻本賢人


出身:兵庫県
投打:右投右打
身長/体重:181cm/76kg
生年月日:1989年1月6日
ドラフト:2004年ドラフト8位
 
 史上最年少の15歳でタイガースから指名を受け、リスクを負いながらもプロの道に進んだ選手が辻本賢人である。
 
 辻本はまさに異色とも言える経歴で、中学1年生でアメリカに留学した。一時は野球を辞めてアメリカンフットボールに取り組んでいたが、もう一度野球に挑戦する。ストレートは140km/hを超えるまでに成長しており、将来性を見込んだタイガースが2004年ドラフトで指名した。
 
 だが、けがに悩まされた辻本は1軍で登板することなく、2009年に自由契約となる。それでも辻本は野球の道を追い続け、2010年はアメリカの独立リーグで、2011年はニューヨーク・メッツとマイナー契約を結んで野球を続けた。結果的には、メジャーリーグの舞台でマウンドに立つことはなかった。
 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル