top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

象のうんこコーヒーを飲んでみた結果

ガジェット通信

ゴールデントライアングルのアジア象財団。そこで育った象の一部は、アラビカ種のコーヒー豆をムシャムシャとおいしそうに食べます。

コーヒーの苦み成分であるたんぱく質が分解

象が食べたコーヒー豆は、約70時間かけて精製され、その間、象の消化器官によって酵素反応が起き、コーヒーの苦み成分であるたんぱく質が分解されるとのこと。

コーヒーとして飲むことができる

象のうんことして排出されたコーヒー豆を特殊な製法で食用とし、コーヒーとして飲むことができるようになります。象のうんこ味と言ってもよいかもしれません。しかし、実にうまいのです。うんこ味とは思えません。

心地よい果実の香り

象の体内でたんぱく質が分解されていく過程で、発酵し、奥深くフルーティーなおいしさを生むらしいです。たしかにこれ、ほんのりですが、心地よい果実の香りがします。これはお土産に喜ばれそうですね。コーヒーマニアなら一度は飲むべきものだと思います。

広告の後にも続きます

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル